【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』の妄想広がるカレー3種盛りと絶品タンドリーチキン

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、高円寺駅の南口から徒歩4分の場所にある『ネグラ 妄想インドカレー』をご紹介します。

インド未訪問店主のスパイスによって広がる妄想の世界『ネグラ 妄想インドカレー』

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

『ネグラ 妄想インドカレー』は、インド未訪問の店主・大澤思朗さんがスパイスによって広がる妄想の世界をカレーやチャイで表現しているスパイスカレーのお店。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

いま現在は土日週末のみの営業ですが、近所の銭湯からライブハウス、秘境温泉街までと幅広いイベントに“出張ネグラ”としてお店を出されています。

『ネグラ 妄想インドカレー』の店内

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

『ネグラ 妄想インドカレー』の店内は、ちょっと変わった内装でカオスな空間が広がっていました。

まさに店名のように妄想が広がっていくような世界観と、高円寺の町に溶け込んでいるような親和性を感じます。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

入り口を入ってすぐの右側には、オリジナルグッズなど雑貨を販売しているコーナーがあり、“しびれるチャイパック”や“ハンドメイドのブローチ”などが販売されていました。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

席数は、カウンター席4席のほか、奥にテーブル席4卓ほど用意。

昔懐かしい“アリババ”のイラストも存在感があって独特な雰囲気を醸し出していました。

『ネグラ 妄想インドカレー』の冬のカレー3種盛りとタンドリーチキン

そして、『ネグラ 妄想インドカレー』のメニューがこちらです。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

『ネグラ 妄想インドカレー』のメニュー
・冬のカレー 3種盛り 1,200円
・トッピング ネグラの定番 タンドリーチキン 300円
・サッポロ黒ラベル 500円
・志賀高原IPA 800円
・志賀高原ミヤマブロンド 800円
・カルダモンジャスハイ 600円
・チャイ酎 600円
・スパイス漬けラム酒 600円
・ピークハイボール 600円
・ポーグスウィスキー 700円
・リカール 600円
・マッカラン 1,000円
・季節の柑檎サワー 600円
・ザクロサワー 600円
『ネグラ 妄想インドカレー』のカレーメニューは基本的に1種類のみ。
お酒やチャイのメニューが豊富で、夜はバーの営業をされているそうです。
【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

冬のカレーは、“かぼちゃカルダモン”、“菜の花キーマ”、“金柑とふきのとう”の 3種盛り。

どれも食したことのない組み合わせの創作カレーで、下北沢の「旧ヤム邸 シモキタ荘」を彷彿とさせます。

このカレー3種類は、週によって変わり、公式Twitterにて随時アナウンスされています。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』
冬のカレー 3種盛り 1,200円

冬のカレー 3種盛りの一つ、“かぼちゃカルダモン”は、カボチャやカルダモン、トッピングの蓮根の素材の味が伝わってくる素朴な味付けのカレー。かぼちゃの甘味があり、そこまで辛さは感じないですが、食材の持つ美味しさにそっとスパイスが花を添えているような美味しいカレーです。

“菜の花キーマ”は、食感の残る茹で加減の菜の花とキーマをかけ合わせたカレー。菜の花といえば春の食材ですが、こうして冬のカレーにトッピングすることで、春の暖かさがプラスされたようなほっこりするカレーだなと感じました。

“金柑とふきのとう”は、金柑の酸味と豆の甘さがベストマッチなカレー。優しい味わいの中にさわやかな柑橘系が加わる事で、混ぜて食べた時にも味のアクセントを感じます。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』
冬のカレー 3種盛り 1,200円+トッピング ネグラの定番 タンドリーチキン 300円

もう一つは、ネグラの定番であるタンドリーチキンをトッピングした冬のカレー 3種盛りを注文。

お皿中央のライスの上に豪快に盛り付けられたタンドリーチキンは、タンドリーチキンと言えばで良く見かける黄色のチキンではありません。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

辛くはないのにスパイスの旨みが効いた柔らかく主役級に美味しいチキンでした。

このタンドリーチキンは、カレーの種類が変わる中でも変わらずにある定番メニューとのこと。

行かれる方にはぜひ注文していただきたい美味しさです。

【高円寺スパイスカレー】『ネグラ 妄想インドカレー』

カレーに使用されている白米はパラパラの外国米で、種類を選ばずどのカレーとも合っていました。

3種カレーに共通していることは辛くないこと。東新宿のスパイスカレー「サンラサー」にも通ずる優しいスパイスカレーです。

食材の良い所とその食材と合うスパイスのチョイスが素晴らしく、店主のセンスの良さが光るスパイスカレーでした。

【高円寺カレー】『ネグラ 妄想インドカレー』の妄想広がるカレー3種盛りと絶品タンドリーチキン

いかがでしたでしょうか。

今回は、高円寺にお店を構える『ネグラ 妄想インドカレー』をご紹介しました。

冬の時期に妄想するのは暖かい春だからこそ、春の食材である菜の花やふきのとうを使っているのではと、ひとり妄想してしまいました。

店内では、カレーのスパイシーな香りが相まって、料理を待っている間も心地の良い時間を過ごす事ができます。

チャイを注文し、カフェのようにゆったり過ごす方もたくさんいたので、今度はチャイを味わいに再訪したいと思います。

気になった方はぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名ネグラ 妄想インドカレー
住所〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-48-3
最寄駅高円寺駅 南口から291m、徒歩4分
営業時間【月〜金】定休日(SNS要確認)
【土日】12:00〜15:00 / 17:00〜20:00
定休日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考席数17席、カード不可
食べログ点数3.53

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »