【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』で味わうネワール族の料理【ネワリ】とタカリ族の料理【タカリ】

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿区新大久保にあるネパール民族料理のお店『アーガン(AANGAN)』をご紹介します。

新大久保にあるネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

ネパール語で“キッチン”を意味する『AANGAN(アーガン)』は、ネパール特有のスパイシー料理が味わえるお店。

JR山手線 新大久保駅から徒歩4分の大久保通り沿いにお店を構えています。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

大久保通りは若者が集まる人気の通りで、コロナ禍でもご覧の通りの人だかり。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

そんな大久保通り沿いにある韓国料理やベトナム料理、美容室、マッサージ屋さんが入るテナントビル「リスボンビル」の4階がネパール民族料理『アーガン』です。

ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』の店内

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

『アーガン(AANGAN)』の店内は、新大久保に来たということを忘れてしまうくらい、異国情緒が溢れる独特な雰囲気がありました。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

BGMや照明も落ち着いた雰囲気で、ネパールで使われているであろう金色の食器や道具などが飾られています。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

席数は、テーブル席や大久保通りを眺められる小上がりの席など合わせて120席を用意。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

店内にあるモニターには、ネパールの風景が映し出されていて、ネパールの景色を見ながらネパール料理を堪能できる空間になっています。

ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』のメニュー

ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』のメニューがこちらです。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

チキンカレーやマトンカレーなどインド料理などで見慣れたメニューから馴染みのないメニューまで種類はとても豊富。

『アーガン(AANGAN)』スタッフの方が丁寧に教えてくれました。

『アーガン(AANGAN)』のメニュー(一部抜粋
・豆カレー 550円
・マトンカレー 780円
・キーマカレー 700円
・フィッシュカレー 780円
・チキンカレー 700円
・卵入りネパール焼きそば 640円
・乾麺を使った焼きそば 700円
・チキンスープヌードル 650円
・ネパール風チャーハン 680円
・キーマ入り薄焼きパン 450円
・【ネワリセット】ネワリボジセット 1,680円
・【ネワリセット】ネワリサマエバジセット 1,280円
・【ネワリセット】ネワリカザセット 980円
・【タカリセット】アーガンスペシャルタカリセット 1,350円
・【タカリセット】タカリディド&ライスセット 1,480円
・【タカリセット】タカリセット 850円
・【タカリセット】野菜カレーセット 800円
・【タカリセット】ダルバットセット 500円
【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』
セットメニューは、ネワール族の料理である【ネワリセット】とタカリ族の料理である【タカリセット】が用意されていて、今回は一つずつ注文してみました。
【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』
【ネワリセット】ネワリサマエバジセット 1,280円

【ネワリセット】ネワリサマエバジセットは、干し飯や生姜、大豆、緑豆、青菜炒め、スパイシージャガイモ和え、漬け物、マトンのスパイス和え、豆のパン、ケーキ、揚げ小魚、ネパールゆで卵が入ったセット。

具材や料理の一つ一つが見慣れない珍しいものがたくさん入っています。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

具材をひと口ずつ味わって楽しんだ後は、すべて混ぜ、スパイシーなスープをかけて食べます。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

干し飯は例えるならばグラノーラのようなざくざくとした食感で、スープを入れて混ぜる事で水分を含み、食感が変化していきます。

全体的に豆の香ばしさやスパイス・野菜の甘みなどが混ざり合いうまく調和して、非常に美味しかったです。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』
【タカリセット】アーガンスペシャルタカリセット 1,350円

【タカリセット】アーガンスペシャルタカリセットは、ご飯とチキンカレー、マトンカレー、豆スープ、漬け物、サラダ、野菜カレー、乾燥発酵野菜の漬け物、青菜炒め、バターオイル、パパドゥ、トマトの漬け物、デザートが入ったワンプレートの料理。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

マトンカレーが本格的で、マトン独特の風味とスパイスの相性が良かったです。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』

緑色の豆カレーは、辛すぎることなくぱらぱらとしたお米にも合って個人的には1番美味しく感じました。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』
蒸しモモ 600円

追加で、ネパール風餃子である蒸しモモも注文。

皮がモチモチしていて、スパイシーな餡がびっしり詰まっていました。中央にあるちょっと辛めなタレに付けて食べると美味しさ倍増でした。お酒のおつまみにもオススメです。

【新大久保カレー】ネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』で味わうネワール族の料理【ネワリ】とタカリ族の料理【タカリ】

いかがでしたでしょうか。

今回は、新大久保にお店を構えるネパール民族料理『アーガン(AANGAN)』をご紹介しました。

予約なしでも入れましたが、他の来店客はほとんどの方が予約をされて来ていました。

日本人には馴染みのない食べ物ばかりですが、不思議とまた食べたくなるクセになる味わいです。

ネワール族の料理【ネワリ】とタカリ族の料理【タカリ】が楽しめるネパール本場の味、気になった方はぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名ネパール民族料理『アーガン』(公式サイト)
住所〒169-0072 東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4階
最寄駅JR山手線 新大久保駅から214m、徒歩4分
営業時間11:00〜20:00
定休日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ分煙
備考席数120席、カード不可
食べログ点数3.73

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »