【学芸大学】居心地抜群のカフェ「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」

皆さんこんにちは、GOKです。

今回は、東新宿駅から地下鉄副都心線に乗り、東横線の学芸大学から歩いて徒歩10分のカフェ「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」に行ってきましたので、ご紹介します。

日本人による日本人のための「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」

「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」は、“日本人による日本人のためのコーヒーを追求するファクトリー&ラボ”としてドトールコーヒーグループが展開する新しいカフェ。

2016年8月に目黒通り沿いに1店舗目の「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」をオープンし、続いて2017年12月に2店舗目を銀座にオープン。2018年5月には、京都で3店舗目をオープンしています。

車の通りが多い目黒通り沿いに、存在感溢れる形で突如現れる「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」。

東京目黒区にあるとは思えないとても大きな建物で、一見カフェには見えない外観という印象です。

「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」の1階

店内に入ると、コーヒーの香りとケーキのショーウインドウがお出迎え。

入って早々に嗅覚と視覚が「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」の虜になります。

店員さんから、先にお席を取ってくださいとの案内があり、まずは席を確保。

フルーツサンドや定番のチーズケーキやミルクレープ以外に、他のカフェでは見られないタイプのケーキ(スウェーデンのお菓子“セムラ”)が多く見られ、どれを頼もうか悩んでしまう品揃え。

1階は、コーヒーの試飲ができるスペースもあり、好みのコーヒーをオーダー前に確認ができます。

そして、1階の奥には2階への階段とカフェスペース。

1人で集中して作業している方が多く見られ、PC作業にもってこいの空間だなと思いました。

「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」2階

2階へと続く階段は、とても幅が広くゆったりと登れる階段。こういう余裕を持った空間づくりがほんと大事だなと思いました。

2階に上がると、ガラス張りの開放感溢れる空間が広がっています。窓ガラスから差し込む自然光が心地よく、都内とは思えない避暑地にあるカフェのようです。

そして、2階からは店内で焙煎する機械が眺められます。同じく店内焙煎する神保町の「GLITCH COFFEE&ROASTERS(グリッチコーヒー&ロースターズ)」や新宿御苑の「緑の豆」とは規模が違う大きさの焙煎機が設置されていて、それはまるで工場(ファクトリー)のよう。

「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」メニュー

そして、頼んだファクトリー&ラボ 神乃珈琲のメニューはこちら。

オリジナルブレンド 陽煎 500円

スッキリとした味わいのオリジナルブレンド 陽煎は、フルーティーな酸味がすっと消えるような後に残らず、美味しかったです。

神乃オリジナルアイス珈琲 500円

量が多めな神乃オリジナルアイス珈琲は、暑い日だったのでゴクゴクと飲める濃さでした。

ミルフィーユ 450円

ミルフィーユは、パイがサクサクで食感も良く、硬めのカスタードクリームが甘すぎなくて美味しかったです。酸っぱいイチゴとの相性も良くペロリといけちゃう軽さがありました。

【学芸大学】居心地抜群のカフェ「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」

いかがでしたでしょうか。

今回は、東横線の学芸大学から歩いて徒歩10分のカフェ「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」をご紹介しました。

とにかくその外観と、広々としたゆとりのある店内、研究されたコーヒーに驚きます。

1人の方もお子さんを連れた家族連れもゆったりとくつろげる空間で、皆おもいおもいに時間を過ごされている印象でした。

都会の喧騒から少し離れたいなと思った時は、「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

店舗名ファクトリー&ラボ 神乃珈琲
住所〒152-0001 東京都目黒区中央町1-4-15
最寄駅東急東横線  学芸大学から787m  徒歩10分
営業時間9:00〜20:00
定休日無し
コンセント
Wi-Fi×
タバコ×
備考40席
食べログ点数3.50

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。このBlog【Daily Shinjuku】がスタートして、はや4ヶ月が経過しました。2/16に1記事目を初投稿をしてから、ようやくと言いますかなんとか100記事[…]

 

Translate »