【奥渋谷の老舗蕎麦屋】ほっこりと安心する『増田屋』の出汁の効いた絶品カツカレー

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿から足を伸ばして奥渋谷にある老舗の蕎麦屋『増田屋』に伺ってきましたので、ご紹介します。

奥渋谷にある蕎麦屋『増田屋』

『増田屋』は、JR渋谷駅から富ヶ谷方面へと向かう“奥渋谷”周辺にある老舗のお蕎麦屋さん。

渋谷駅からは徒歩およそ10分ほどで着く距離にあり、最寄り駅の千代田線 代々木公園駅からは徒歩約7分です。

オーチャードロードから富ヶ谷一丁目通りへと続く通りには、カフェやバーなどオシャレなお店だけでなく、昔ながらのお店も軒を連ねています。

その中でも一際昭和を感じるレトロな店構えだった蕎麦屋『増田屋』にお昼時、伺ってきました。

『増田屋』の店内

『増田屋』の店内は入店するとどこか懐かしさを感じるアットホームな雰囲気。

1階だけでなく地下1階にもお席があり、パーテーションなどコロナ対策もしっかりとされている印象です。

明るい店員さんの楽しそうな談笑が良いBGMになっていて、食事を待っている時間もなんだか癒されました。

接客がとても丁寧で気配りが素晴らしく、初めて来たとは感じない雰囲気が非常に居心地良かったです。

『増田屋』のメニュー

『増田屋』のメニューがこちらです。

お蕎麦屋さんですが、ラーメンやチキンライスといったメニューも用意されていました。

『増田屋』メニュー(一部抜粋)
・もり、かけ 550円(税込)
・きつね 650円(税込)
・月見 750円(税込)
・カレー南蛮 800円(税込)
・鴨南蛮 850円(税込)
・かつ丼合わせ 1,100円(税込)
・焼肉合わせ 1,000円(税込)
・天丼合わせ 1,200円(税込)
・さば味噌セット 950円(税込)
・天ぷら定食 1,450円(税込)
・しょうゆラーメン 650円(税込)
・チャーシュー麺 850円(税込)
・五目中華 950円(税込)
・焼肉定食 800円(税込)
・ヒレカツ定食 800円(税込)
・天丼 1,050円(税込)上 1,400円(税込)
・カレーライス 750円(税込)
・カツカレー 1,000円(税込)
そして今回、実際に頼んだメニューがこちら。
親子丼合わせ
親子丼合わせ 1,050円(税込)

もり蕎麦と親子丼のセットを注文しました。

蕎麦はやや柔らかめの茹で加減でつけ汁は甘め。良い意味で普通で安心できる味わいです。

親子丼はボリューム満点で、お味噌汁がちゃんと付いてくるのも嬉しいところ。

カツカレー
カツカレー 1,000円(税込)

もう一つはカツカレーを注文。

カツの上からたっぷりとカレーがかかっていて、グリンピースや福神漬けがアクセントの素晴らしい見た目のカツカレーです。

カツカレー

蕎麦屋さんの出汁の効いたポークカレーで、スパイシーというより豚肉や野菜の甘みを感じました。

カツの衣がカレーに優しく包まれしっとりとして絶品。ボリュームもあって大満足な一皿です。

欧州カレーやインドカレー、スリランカカレーなど色々な種類のカレーがありますが、日本のカレーといえばこのカレーを思い出すようなほっこり安心するお店でした。

【奥渋谷の老舗蕎麦屋】ほっこりと安心する『増田屋』の出汁の効いた絶品カツカレー

いかがでしたでしょうか。

今回は、奥渋谷にある老舗の蕎麦屋『増田屋』をご紹介しました。

奥渋谷周辺には、新旧問わずさまざまなお店がありますが、昔ながらのほっこりと安心する『増田屋』は、とても貴重だなと感じました。

お蕎麦屋さんのチキンライスやラーメンも気になるところ。またぜひ再訪してみたいなと思います。
気になる方はぜひ一度行ってみて下さい。

それではまた。

店舗名増田屋
住所〒150-0047 東京都渋谷区神山町40-3
最寄駅地下鉄 千代田線 代々木公園駅から徒歩約7分、520m
営業時間11:00~15:00 / 17:00~20:00
定休日木曜日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考カード不可
食べログ点数3.26

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。梅雨の時期がずれ込んだ影響でやっと本格的な夏らしい気候がやってきました。かと思えば、今度は台風が接近しているとのこと。残暑が厳しくなりそうな予感がしていますが、秋の訪[…]

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »