【新宿テイクアウト第20弾】『SUSURUラーメン自販機』で冷凍ラーメン2種類をテイクアウト、自販機の場所も紹介

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

飲食店を応援するべく実際に店舗でテイクアウトする【新宿テイクアウトシリーズ】第20弾。

今回は、“毎日ラーメン健康生活”をテーマにラーメンをすするYoutuber SUSURU(ススル)氏監修のラーメン自動販売機が新宿区曙橋にできたということで、早速テイクアウトしてきましたのでご紹介します。

SUSURUラーメン自販機(SUSURU RAMEN SELECTION)の場所や行き方

SUSURUラーメン自販機(SUSURU RAMEN SELECTION)が曙橋にあるということで、都営新宿線 曙橋駅(A4出口)から自販機の捜索をスタートしました。

曙橋駅A4出口を出てすぐ右手にある階段を登り、外苑東通りへと出ます。

外苑東通りは、そのまま真っ直ぐ進むと丸ノ内線 四谷三丁目駅へと続く大通り。

外苑東通りの左側を四谷方面へと歩き、「募金のできる自動販売機」を目印にその路地を左へ曲がります。

すると、奥にひっそりと佇んでいる青色の自販機が見えてきます。曙橋駅からはだいたい5分もあれば辿り着く距離。

そこまで人通りの多くない通りですが、自販機目当ての方がちらほらと見えました。

SUSURUラーメン自販機(SUSURU RAMEN SELECTION)のラーメンメニュー

SUSURUラーメン自販機(SUSURU RAMEN SELECTION)で購入できるラーメンメニューは下記の5種類。

『SUSURU RAMEN SELECTION』の冷凍ラーメンメニュー
・【東京】「ラーメン巌哲」マルチョウそば 1,000円(税込)
・【群馬】「平田の哲二郎」哲二郎ラーメン(豚2枚) 1,000円(税込)
・【山形】「鶏中華 新旬屋本店」金の鶏中華 1,000円(税込)
・【静岡】「濃厚豚骨ラーメン 池めん」濃厚豚骨ラーメン(替玉付き)1,000円(税込)
・【東京】「すごい煮干ラーメン凪」すごい煮干ラーメン 1,000円(税込)
このメニューラインナップは時期や季節によって変更があるとのこと。
動画の中でSUSURU(ススル)氏がすすっていた「平田の哲二郎」哲二郎ラーメン(豚2枚)は残念ながら売り切れとなっていました。
実際に購入してみたラーメンは、このような形式で出てきます。
冷凍の状態になっているので、購入する際にはエコバッグなどの袋を持参することをオススメします。

SUSURUラーメン自販機(SUSURU RAMEN SELECTION)で実際にテイクアウトしたラーメン

そして今回、SUSURUラーメン自販機(SUSURU RAMEN SELECTION)で実際にテイクアウトしたラーメンがこちら。

【山形】「鶏中華 新旬屋本店」金の鶏中華 1,000円(税込)

一つは、東京では食べられない山形の「鶏中華 新旬屋本店」金の鶏中華をテイクアウト。

【東京】「ラーメン巌哲」マルチョウそば 1,000円(税込)

もう一つは、第一希望だった「平田の哲二郎」が売り切れということで、「ラーメン巌哲」マルチョウそばをチョイスしました。

「鶏中華 新旬屋本店」金の鶏中華の中身はこのようになっています。

鍋を2つ用意し、一つの鍋でスープを湯煎し、もう一つの鍋で麺を茹でます。

そして、完成したのがこちら。

【山形】「鶏中華 新旬屋本店」金の鶏中華 1,000円(税込)

白ネギとナルトを別で用意し、トッピングしました。

金の鶏中華というネーミングも納得の黄金色のスープです。

山形のさくらんぼ鶏の旨味と優しい甘みが凝縮されたスープで、ひと口飲むと止まらなくなるほど美味しいスープでした。

具材は、鶏肉と鶏の卵巣・きんかんが入っています。

鶏肉はぷりぷりで柔らかく、きんかんは卵の黄身よりもプリッとした食感でした。

麺は平打ち縮れ麺となっていて、黄金色のスープと相性ばっちり。

具材なしでも十分に美味しくいただけそうなほどスープ自体のクオリティがとても高くて驚きでした。

続いては「ラーメン巌哲」マルチョウそばを作ります。

こちらの方には、賞味期限(令和3年12月25日)の記載がしっかりと書かれてありました。

そして、完成したのがこちら。

【東京】「ラーメン巌哲」マルチョウそば 1,000円(税込)

九条ネギとゆで卵を別で用意しトッピングしました。

付属で黒胡椒が付いているので、たっぷりとかけていただきます。

醤油と牛肉の旨味が光るスープで、見た目は濃い色をしてますが、塩味よりも旨味を強く感じます。

麺はストレート麺でありながらしっかりスープに絡みます。冷凍とは思えないほどツルツルとした食感が良かったです。

具材にはホルモンや牛肉がゴロゴロと入っており、スープをしっかり吸ったホルモンは非常に美味しかったです。

こちらのラーメンもスープが美味しいので白ご飯とも合いそうだなと思いました。

『SUSURU RAMEN SELECTION』でテイクアウトした値段

■今回テイクアウトしたメニュー:「鶏中華 新旬屋本店」金の鶏中華 1,000円+「ラーメン巌哲」マルチョウそば 1,000円
■お会計の合計:2,000円

今回、ラーメンといえど自販機で1食1,000円は高いかなと思いつつ購入してみましたが、実際に食べてみると決して高くは感じないクオリティでした。自分で好きなようにトッピングして食べる事ができるのも自販機ラーメンのメリットではないでしょうか。

山形など遠方にあるお店のラーメンが、このコロナ禍で都内にいながら味わえることも嬉しいです。

気になる方はぜひ一度お試し下さい。

また、ラインナップが変わった時には、テイクアウトしてみようと思います。

それではまた。

自販機SUSURU RAMEN SELECTION
住所〒160-0007 東京都新宿区荒木町19
最寄駅都営新宿線 曙橋駅
営業時間24時間
定休日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考現金のみ

関連記事

東京都では新型コロナウイルスの感染者数が3日連続で100名を超えるなど、第2波が日に日に迫ってきています。新宿界隈にある飲食店は、テイクアウトやデリバリー(通販・お取り寄せ)サービスを継続し店内営業を再開していますが、またいつ自粛要[…]

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »