【四谷で本格讃岐うどん】「松井製麺所」が名前を変えて再オープンした『讃岐 本広うどん』の甘酒カレーうどん

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿区四谷三丁目にある『讃岐 本広うどん』をご紹介します。

「松井製麺所」が名前を変えて再オープンした『讃岐 本広うどん』

四谷『讃岐 本広うどん』

『讃岐 本広うどん』は、同じく新宿通り沿いで営業されていた「松井製麺所」が名前を変えて再オープンしたお店。ちょうど更新の時期に新宿通りを挟んだ向かい側へ2020年11月に移転されています。

四谷『讃岐 本広うどん』

地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅から新宿方面へ徒歩2分ほどの新宿通り左側にお店を構えています。小島ビルの1階ですが、奥まったところにあり少しわかりづらいので、注意が必要です。

『讃岐 本広うどん』の店内

四谷『讃岐 本広うどん』

『讃岐 本広うどん』の店内は、カウンター席とテーブル席合わせて20席を用意。

四谷『讃岐 本広うどん』

入り口付近にある食券を購入し、カウンターにて手渡します。

『讃岐 本広うどん』メニュー(一部抜粋)
・かけ 430円
・ぶっかけ 480円
・釜玉 550円
・きつね 570円
・肉うどん 810円
・釜玉バター 670円
・釜揚げ 550円
・かけおすすめセット(ちくわ天・かき揚げ)680円
・ぶっかけおすすめセット(チキ天・温玉・大根おろし)790円
・甘酒カレーうどんと白ごはんセット 820円
ほかに、スパムおにぎり(240円)、ミニ牛丼(350円)、かつお節ご飯(200円)などのサイドメニューも充実していました。

『讃岐 本広うどん』のかけうどんと甘酒カレーうどん

そして今回、『讃岐 本広うどん』で頼んだメニューがこちらです。

四谷『讃岐 本広うどん』かけおすすめセット(ちくわ天・かき揚げ)
かけおすすめセット(ちくわ天・かき揚げ) 680円

かけおすすめセットは、ちくわ天とかき揚げが付いたセットメニュー。

透き通ったきつね色のだし汁が溢れそうなほど多めでした。

うどんは、とてもコシがあって噛み応えがあり、本格的な讃岐うどんです。だし汁は飲み干してしまいそうになるほど美味しかったです。

四谷『讃岐 本広うどん』かけおすすめセット(ちくわ天・かき揚げ)

天ぷらは揚げたてを提供してくれるので、少し待ちますが、熱々でさくさくな状態を食すことができます。

量も十分にあり、お値段以上に心とお腹を満たしてくれます。

四谷『讃岐 本広うどん』甘酒カレーうどんと白ごはんセット
甘酒カレーうどんと白ごはんセット 820円

もう一つは、変わったメニューの甘酒カレーうどんを注文してみました。

今まで食べた事のないカレーうどんで、甘酒の風味や甘さを感じるスパイシーなカレーうどん。

四谷『讃岐 本広うどん』甘酒カレーうどんと白ごはんセット

ほぐれた鶏肉がごろごろと入っていて、うどんに良く絡んで美味しかったです。

四谷『讃岐 本広うどん』甘酒カレーうどんと白ごはんセット

うどんを食べ終えた後には、セットの白ごはんを入れ、カレーを2度楽しむことができました。

【四谷で本格讃岐うどん】「松井製麺所」が名前を変えて再オープンした『讃岐 本広うどん』の甘酒カレーうどん

いかがでしたでしょうか。

今回は、四谷四丁目にある『讃岐 本広うどん』をご紹介しました。

これからの季節にぴったりなぶっかけうどん(480円)や釜玉バター(670円)、スパムおにぎり(240円)が気になったので、また伺ってみたいと思います。

気になる方はぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名讃岐 本広うどん
住所〒160-0004 東京都新宿区四谷4-1 小島ビル 1F
最寄駅地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩2分、228m
営業時間11:00〜16:00
定休日土曜日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考席数20席、カード不可
食べログ点数3.20

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »