【WeWork1日無料券3回分をプレゼント】テレワークに最適な「WeWork リンクスクエア新宿」を使う7つのメリット

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。
新型コロナウイルス感染者が日に日に増加する中、政府はテレワーク(在宅勤務)の7割を推奨。

新宿地域では、テレワークができる場所として続々と新しいコワーキングスペースがオープンしています。

弊サイトでは、新宿三丁目の「HAKADORU新宿三丁目」や、「いいオフィス新宿 by HAPON」などをご紹介してきましたが、今回、コワーキングスペースの最大手である『WeWork』にて取材する機会をいただきました。

ということで今回は、新宿南口の再開発ビル・リンクスクエア新宿の16階にある「WeWork リンクスクエア新宿」の魅力をご紹介したいと思います。

『WeWork』とは 〜Do What You Love〜

『WeWork』は、“Do What You Love”をスローガンに、世界38ヶ国150都市にフレキシブルオフィスを提供・運営する企業。

2018年2月から日本にも進出し、全国に36拠点を展開(2020年8月現在)、都内には28拠点を構えています。

新宿周辺エリアには、今回ご紹介する「WeWork リンクスクエア新宿」のほか、西新宿駅徒歩4分の場所にある「WeWork Dタワー西新宿」、JR四ツ谷駅から徒歩2分の「WeWork 東急四谷」の計3店舗があります。

「WeWork リンクスクエア新宿」へのアクセスやフロア・設備など

JR新宿駅や新宿三丁目駅から至近でアクセス良好

「WeWork リンクスクエア新宿」へは、JR新宿駅の新南口から新宿高島屋沿いのデッキを歩いて5分ほどで着く距離。

地下鉄 丸ノ内線、都営新宿線、副都心線と3路線が利用可能な新宿三丁目駅からは、ほとんど雨に濡れることなく地下道を通って徒歩6分の距離です。

リンクスクエア新宿は、1階に「中華そばつけ麺 玉」「蕎麦と肴 縁雫」などの飲食店が充実。「サイゼリア」が2階に、「スターバックスコーヒー」は3階にお店を構えていてとても便利です。

「WeWork リンクスクエア新宿」へはエレベーターに乗って16階へ。

16階-13階の4フロアが使えます

16階にある「WeWork リンクスクエア新宿」のフロアに入ると、左手に見えるのが受付カウンター。平日9:00〜18:00の間、常駐しているコミュニティチームは、郵便物などの受け取りや来客の応対もしてくれます。

フロアは、“新宿御苑をお庭やバルコニーとして感じられるような造り”になっていて、1フロア約560坪の広さ。

これまで見てきたコワーキングスペースの中でも、一番開放的でスタイリッシュな印象を受けました。

眼下には新宿御苑が見えるほか、遠くには東京スカイツリーも見えて眺めが最高です。

共用エリアには緑を多めに配置。仕事をしていて行き詰まった時には、気軽に息抜きができるような環境作りもされていました。

また、「WeWork リンクスクエア新宿」をイメージして作られた絵画などのアートも至るところに飾られており、TOHOシネマズ新宿のゴジラ像に因んだ絵画も展示。

16階から13階までの4フロア構造になっている「WeWork リンクスクエア新宿」では、夏のイベントとして各フロアごとにテーマが設けてあり、取材時の16階のテーマは“お祭り”でした。

なかなかお出かけできない日々が続きますね・・・
いつもお仕事を頑張ってらっしゃる皆さまに!!
気分だけでもわくわくできるような夏のデコレーションを施してみました!
(16階フロアのポップより引用)

2種類がビールが無料など便利すぎる設備

便利な設備としてまず紹介したいのが、共用エリアにあるパントリーです。

パントリーでは、淹れたてのコーヒーや緑茶、紅茶、ハーブティーなどのフリードリンクが飲めるほか、共用の冷蔵庫も完備。

【パントリーの飲み物の利用時間】
・ティーバックとお湯・お水  24時間
・冷たい緑茶・烏龍茶  9:00〜18:00
・コーヒーポット  9:00〜18:00
・コーヒーマシン  9:00〜18:00
ビール 15:00〜21:00(現在コロナ感染対策として時間を短縮して提供中:16:00〜19:00)
本格的なカフェラテなどが味わえるコーヒーマシンも用意されており、シアトル系コーヒースタンド「STREAMER COFFEE COMPANY」のアイスコーヒーも味わえました。
「STREAMER COFFEE COMPANY」のホットコーヒーを1杯いただきましたが、苦味が心地よい渋めの味わいでカフェラテも飲みたくなる美味しさでした。
また、15時から21時まではなんとビールも無料で飲めちゃいます!しかもプレモル(プレミアムモルツ)とベルギーヒューガルデン(Hoegaarden)の2種類。冷やされたグラスも用意されていて、コミュニケーションツールとして大活躍しているとのこと。
パントリーにはスナック菓子やレトルト食品なども有料で販売。小腹が空いた時やビールのおつまみとしても重宝しそうです。
パントリー以外の設備としては、コピー機やシュレッダー、高速インターネット、コンセントなど一通りの備品がしっかりと完備されています。

用途によって使い分けできるワークスペース

「WeWork リンクスクエア新宿」には、共用エリアのワークスペースのほか、会議室や集中できる電話ブースなど用途によって使い分けができるスペースが複数用意されていますので、ここから写真多めでご紹介していきます。

各お部屋によってカラーや飾られた絵画が異なり、それぞれ雰囲気が違うのでその日の気分で選ぶこともできます。

1人で集中できる電話ブースは、オンラインミーティングにも使える空間。

大人数での会議が可能な会議室には、大型のモニターを設置。無線で資料などの情報を簡単に共用することができます。

ほかに、企業やプロジェクトチームの人数に合わせて独立した部屋もいくつか用意。

デスクや座り心地の良い椅子、デスク下の収納も揃っているので、オフィス移転も簡単に可能となっていました。

「WeWork リンクスクエア新宿」を使うメリット7つ

【メリット1】イベントなどコミュニティが豊富で繋がりやすい

他のコワーキングスペースにはないメリットとして一番大きいのは、なんと言ってもコミュニティが豊富なこと。

週に何度か開催されるイベントでは、利用者であれば無料で参加することができ、自社のサービスを3分で紹介する機会があったりと、ビールを飲みながら気軽に繋がりやすい環境が整っています。

『WeWork』内での新しい出会いが多く、名刺の発注量が増えたという嬉しい悲鳴もあるそうです。また、例えばカメラ部、ダウン部といった趣味に特化したサークル活動など、仕事関係なく友達も作りやすいとのこと。

【メリット2】世界中の企業とのコラボレーションが生まれやすい

受付に設置されている透明なパーテーション。実はこの商品は『WeWork』を利用している企業の商品なんだそうです。利用者同士のコラボレーション以外にも『WeWork』とのコラボレーションが生まれる可能性を秘めています。

また、『WeWork』独自のSNSアプリがあり、世界中の企業から急にメッセージが来ることもあるんだとか。世界中にコネクションができて、世界進出することも夢ではありません!

【メリット3】企業やブランドのイメージアップ!

打ち合わせをする場所として『WeWork』は、お客さんを招きやすく、企業やブランドのイメージアップに繋がります。

企業によっては面接場所として『WeWork』を使っているところもあり、面接場所がこんなに洗練された場所であれば、入社したい気持ちがより増すのは言うまでもありません。

【メリット4】24時間365日利用ができる

祝日や年末年始関係なく24時間365日利用することが可能です。ただし、平日の18時半以降と週末は、空調が止まるので注意が必要。

【メリット5】社員のモチベーションアップに繋がる

開放的な空間で仕事がしやすい環境に加え、ほかに利用している企業と繋がるコミュニティが豊富で、従業員のモチベーションアップを期待できます。

まったくの異分野の方々とのコミュニケーションが増えたことで、刺激や勉強になることが大いに増えました。
〈利用者の声ー大手保険会社 デジタル戦略部〉

【メリット6】30拠点以上が利用可能なプランなど多様な働き方を応援

「WeWork リンクスクエア新宿」では、個人のフリーランスから何百人単位の企業まで、それぞれにあったプランが用意されています。

◯『ホットデスク』・・・共用エリアを使えるプラン
◯『専用デスク』・・・共用エリアのほか、専用デスクが使えるプラン
◯『プライベートオフィス』・・・チームやプロジェクトの人数によって独立した部屋を使えるプラン(共用エリアを利用可能)
◯『カスタムスペース』・・・1フロアから要望に合わせたオーダーメイドでカスタマイズができるプラン

また、今年7月からはコロナ禍でテレワークなどの多様な働き方を応援する『We Passport』がスタート。国内30拠点以上を柔軟に利用することができます。(※『専用デスク』『プライベートオフィス』のプランを契約している個人や法人が対象)

【メリット7】富士山や東京スカイツリー、新宿御苑を眺めながら仕事ができる

©️ fabrik_view

快晴で運が良い日には富士山が見えることもあるとのことで、スタッフにお写真も提供していただきました。

このロケーションは都内の中でも他にはない「WeWork リンクスクエア新宿」1番のメリットではないでしょうか。富士山を拝んで運気も上がれば、仕事がうまくいくこと間違いなしです!

「WeWork リンクスクエア新宿」の1日無料券が3回分も!横浜など新宿以外でも使える!

長々とご紹介してきましたが、コミュニティマネージャーの佐藤さん曰く「使ってみるとよりWeWorkの良さがわかってもらえます、1日でも体験して欲しい!」とのこと。

というわけで弊サイト読者限定でお得すぎる無料券を発行してもらいました!

今回取材した「WeWorkリンクスクエア新宿」に加えて、下記の計6拠点が対象エリアです。

【1日無料券トライアル対象エリア】
①「WeWorkリンクスクエア新宿」・・・最寄駅 新宿駅
②「WeWork Dタワー西新宿」・・・最寄駅 西新宿駅
③「WeWork 東急四谷」・・・最寄駅 四谷駅
④「WeWork 日テレ四谷ビル」・・・最寄駅 麹町駅
⑤「WeWork 神谷町トラストタワー」・・・最寄駅 神谷町駅
⑥「WeWork オーシャンゲートみなとみらい」・・・最寄駅 みなとみらい駅
また、1日無料券はなんと3回分!これは使わない手はなありません。ぜひご希望のエリアで1日だけでもお試しください!
お申し込みはこちらから↓

→WeWorkトライアル回数券 お申し込みフォーム

名称WeWorkリンクスクエア新宿
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3
最寄駅都営新宿線、丸ノ内線、副都心線 新宿三丁目駅
JR新宿駅
営業時間平日9:00〜18:00(ご契約者の利用は24時間365日可能)
定休日なし
コンセント
Wi-Fi
タバコリンクスクエア新宿のビル内に喫煙スペースあり
公式サイトhttps://www.wework.com/ja-JP/buildings/link-square-shinjuku–tokyo

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »