【新宿東南口徒歩2分】「よってこや」の鶏ガラとんこつ屋台味ラーメン

皆さんこんにちは、新宿地域ブログ『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿東南口に徒歩2分の場所にあるラーメン屋「よってこや 新宿南口店」をご紹介します。

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

鶏ガラとんこつ屋台味「よってこや 新宿南口店」

鶏ガラとんこつ屋台味を売りとする「よってこや」の創業は1996年、本店を恵比寿に構え(現在は閉店)、現在では全国に12店舗を展開する人気店。

新宿にある「よってこや 新宿南口店」は、単館系の映画を扱う映画館・新宿K’s cinemaのちょうど向かい側にお店を構えオープンしてから20周年を超えているお店です。

「よってこや」
屋台味の創業当時から改良を重ね辿り着いたスープは鶏ガラの旨味と豚骨のコクや甘みを与えているこの味でした。
そのスープにキレのある「特製醤油だれ」と背脂が味に深みを持たせています。
公式サイトより引用

いつもお客さんが入っていて気になっていた同店に、今回は平日の夕方19時過ぎ頃に伺ってみました。

「よってこや 新宿南口店の店内

「よってこや 新宿南口店」の店内は、入り口からカウンター席が並び、奥にテーブル席が設ける配置で席数は20席。

この時間帯はまばらで客層はほぼ男性。比較的若い学生たちが多く、ちらほら女性のお一人さまも入っていました。

その中で気になったのが“予祝新聞”というパウチ。“予祝”とは、先に喜び祝うことで、その現実を引き寄せるというコーチングでも使われるもの。

「よってこや 新宿南口店」の“予祝新聞”では、『1日1000杯達成!』という目標達成を喜んで祝っているパウチになっていました。

「よってこや 新宿南口店」のセットメニュー

そして今回、頼んだメニューがこちらです。

京都屋台味醤油ラーメン 740円

鶏、豚の骨が砕けるまで炊き込んだ旨みとコクを追求したスープを使った京都屋台味醤油ラーメンは、ドロッとしたスープに全粒粉の細麺がよく絡んで美味しかったです。

少し濃いめの味付けになっていて、炙ってあるチャーシューの脂身がとても多いのが少し残念でした。

白味ラーメン 740円

白味ラーメは、九州とんこつのコクと旨みが自慢の濃厚とんこつスープです。こちらにも背脂が入っていて、見た目以上にこってりした印象でした。ドロッとしたとんこつラーメンがお好きな方には是非食べてもらいたい一品です。

そして、ラーメンと一緒に頼んだ餃子でしたが、ラーメンと一緒に提供はされずで、店員さんにとても丁寧な謝罪を受けました。

理由はこのパウチ(下記参照)。

ラーメンと餃子を同じタイミングで提供するという「よってこや」のこだわりが、なかなか他のラーメン店ではないので面白いなと思いました。

焼餃子 300円

焼き餃子は、5個で300円と1個あたり60円ですが、小ぶりな餃子です。

焼き加減が絶妙で皮のパリパリ具合とジューシーな餡が普通に美味しかったです。

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログ『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。今回は、新宿の“餃子”にスポットをあて、餃子専門店や中華料理屋さんのオススメな“餃子”を10店舗厳選してみましたので、ご紹介します。最後にはそ[…]

【新宿東南口徒歩2分】「よってこや」の鶏ガラとんこつ屋台味ラーメン

いかがでしたでしょうか。

今回は、新宿東南口に徒歩2分の場所にあるラーメン屋「よってこや 新宿南口店」をご紹介しました。

気軽に本格的な京都屋台のラーメンが食せるのは良いと思いましたが、餃子が一緒に出てこなかった以外の接客はあまり良くなかったのが正直な感想です。

駅からも近いので、気になる方はぜひ、行ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

店舗名よってこや 新宿南口店
住所〒160-0023  東京都新宿区新宿3-35-13
最寄駅JR新宿駅東南口から徒歩2分
地下鉄 新宿三丁目駅から徒歩5分、189m
営業時間11:00〜2:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数20席、カード不可
食べログ点数3.14

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

>新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報もあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »