【新宿K’s cinemaで2/28トークショー開催】友川カズキ映画「どこへ出しても恥かしい人」

ちあきなおみや大島渚、中上健次、宅八郎など多数の芸術家・著名人を魅了した孤高のアーティスト・友川カズキのドキュメンタリー映画「どこへ出しても恥かしい人」が、新宿K’s cinemaにて2/28まで公開中。

新宿Ks cinema

2/28の21:00の回、上映後には友川カズキ氏が登壇し、[友川カズキの今度こそ当たったらすごいんです! 〜奈良記念準決勝大穴予想会〜]が開催されます。

新宿Ks cinema

著名人を魅了した稀代の表現者・友川カズキ

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用

友川カズキ氏は、秋田県能代市出身の今年で70歳になるミュージシャン、画家、詩人のアーティスト。

友川はうたであり、うたが人間になったのが友川である(大島渚)
なにかを忘れ、傷ついたものたち すべてにとって止血剤(都築響一)

今なお、学芸大学のライブハウス「APIA 40」などで精力的に活動されています。

友川カズキと言えば有名な曲が「生きてるって言ってみろ」です。秋田弁丸出しで歌詞が強烈なまさに魂の歌。

ぜひ一度聞いてみてください。

ドキュメンタリー映画「どこへ出しても恥かしい人」

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用

映画 「どこへ出しても恥かしい人」は、友川カズキ氏の2010年夏の記録を収めたドキュメンタリー映画。

川崎の小さなアパートに住む友川氏は、1日の大半を競輪場もしくは家のブラウン管のテレビでレース予想をしています。

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用

映画には友川氏の実際の息子も3人登場。一緒に飲んだり競輪をしたり、バスケットをしたりと時より親の顔を覗かせます。

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用
映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用

競輪で大穴ばかりを狙い、負け続ける競輪狂いの友川氏は、新聞の連載で競輪のコーナーを担当しており、原稿料を競輪へと注ぎ込んでいます。

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用

ギャンブルのシーンだけでなく、ライブハウスでのライブや車内で歌うライブ映像も収められていました。

その中でも秋田県の民謡「ドンパン節」をセッションしている映像は、同じ同郷ながらとても心温まるシーンです。

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用

友川氏が終盤にポツリと吐露する「気が小さいから、どこまでおかしくなれるか試してる」という言葉がとても印象的でした。

薬などのドラッグに簡単に逃げることなく、この現実をどこまでおかしく生きれるのか、友川氏の生き様をぜひ劇場で感じてください。

映画 「どこへ出しても恥かしい人」予告より引用
タイトルどこへ出しても恥かしい人(公式サイト
原題どこへ出しても恥かしい人
制作年2019
上映時間64min
制作国日本
監督佐々木育野
配給シネフィルム株式会社

>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »