【代々木】西新宿で1973年創業の名店が復活!インドカリー「新宿ボンベイ」

皆さんこんにちは、新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」を運営しているGOKです。

今回は、新宿のお隣・代々木へと足を運び、インドカリーの名店に行ってきましたのでご紹介します。

代々木には、JR山手線で新宿駅から1駅の他、都営大江戸線でもアクセス可能です。

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。梅雨の時期がずれ込んだ影響でやっと本格的な夏らしい気候がやってきました。かと思えば、今度は台風が接近しているとのこと。残暑が厳しくなりそうな予感がしていますが、秋の訪[…]

1973年に西新宿で創業した老舗インドカリー「新宿ボンベイ」

今回伺ったのは、代々木駅から148m、徒歩2分の場所にあるタンドールとインドカリーのお店「新宿ボンベイ」です。

「新宿ボンベイ」は、1973年に西新宿(新宿区西新宿1-18-13 近江ビル)にオープン。新宿の地で長年愛されてきましたが、2018年4月30日に惜しくも閉店されました。閉店理由が、“排水設備の老朽化”ということで新しい場所での復帰を心待ちにしていたファンも多かったようです。

2019年6月28日、新宿から代々木へと場所を新たに再オープンしました。

1973年創業した新宿で老舗のインドカレー店が代々木に移転オープン!
11時30分のオープンから23時まで休まず営業しております!
ランチにはお得なセットをご用意。
ディナーは新メニューも登場し、カレーだけでなく、スパイス料理でワインやクラフトビールとともにお楽しみください。
その他にもラッシーや果実味あふれるお酒などもご用意しています。
スパイス料理は様々な漢方、薬膳としての効果もございます。(食べログより引用

「新宿ボンベイの店内

「新宿ボンベイ」の店内は、入ってすぐにカウンター席が13席ほど奥へと並び、その奥にはテーブル席が14席を用意。

カウンター席はキッチンに対面する形になっていて、インド人のシェフがお客さんの食べるスピードを見ながら料理されていました。

目が合うと笑って会釈してくれるインド人のシェフや、接客をしてくれる日本人スタッフの心遣いが素晴らしく、終始居心地が良かったです。

「新宿ボンベイ」のメニュー

「新宿ボンベイ」のメニューがこちらです。

アラカルトは、インド・ネパールのスパイス漬物を意味する“アチャール”や“インディアンタパス”が豊富な印象です。

カレーは4種類を用意。時代に合わせたクラフトビールも3種類取り揃えていました。
そして今回、頼んだメニューがこちらです。
アチャール 3種盛り 650円

アチャールは、マンゴーレモン、タコとセロリ、グリーンオリーブとキャロットの3種類です。

マンゴーレモンは、レモンとドライマンゴーをマンゴーのピクルスで仕上げた爽やかなアチャール。これは衝撃的なおいしさでした。甘酸っぱく程よい柔らかな食感で、ワインにも合うようなアチャールです。

タコとセロリは、ライムとコリアンダーで仕上げるセビーチェのような一品。スパイスの調合が絶妙で、セロリとタコの組み合わせは非常にマッチしたこれも見事に美味しい一品。

ニンジンオリーブは、オリーブの塩味と人参の甘味のコントラストがちょうど良い一品。ニンジンもオリーブもそれぞれが程よい食感が残っていて、箸が止まらなくなるほど美味しいアチャールでした。

アチャールは3種類全てが甲乙つけ難いほどの美味しさなので、断然3種盛りがおすすめです。

ちぎり揚げポテト 350円

ちぎり揚げポテトは、タンドールスパイスミックスを絡めた揚げポテト。皮付きでほくほくのフライドポテトで、皮にしっかりついたスパイシーな部分がビールにぴったりで病みつきになる味わいでした。

これが350円とは安すぎると少し心配になるほどのコスパの高さです。

タンドールチキン (ハーフ)500円

タンドールチキンは、今まで行ったインド料理店のタンドールチキンの中で群を抜いての美味しさでした。

お肉のパサパサ感はなく、しっとりしたジューシーなお肉とスパイシーさが食欲をそそります。ビールとも合うので、お酒のお供にもぴったりでした。緑色のソースはハラペーニョソースで、アクセントになる酸っぱ辛いお味。

チーズクルチャ 500円

チーズクルチャは、お店によっては“チーズナン”とも呼ばれるナンの生地でチーズを包んで焼いたもの。

ピザのように伸びてとろけるチーズとモチっとした食感のナンは、そのままでもカレーにつけても美味しかったです。

ボンベイ・チキンカリー 1,100円

ボンベイ・チキンカリーは、鶏肉を柔らかく煮込んだボンベイ自慢のチキンカリー。

アチャールやポテト、チキンが想像以上に美味しかったのでカレーにも期待大で頼んだボンベイ・チキンカリー。チキンの旨みとスパイスがしっかりと効いたカレーで期待を裏切らない美味しさでした。

【代々木】西新宿で1973年創業の名店が復活!インドカリー「新宿ボンベイ」

いかがでしたでしょうか。

今回は、1973年に西新宿にオープンし2018年に閉店後、代々木の地で再オープンした老舗インドカリーのお店「新宿ボンベイ」をご紹介しました。

正直どれを食べても美味しく、これまで食べてきたインドカレーの中で群を抜く美味しさのお店でした。

ワインやクラフトビールも取り揃えているので、スパイス居酒屋としても利用できると思います。

個人的には月1,2で再訪したいと思えるほど!

ぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名新宿ボンベイ(公式サイト
住所〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-53-4 田尻ビル1F
最寄駅JR山手線・都営大江戸線 代々木駅 徒歩2分、148m
小田急線 南新宿駅 徒歩3分
営業時間ランチ 11:30〜17:00
ディナー 17:00〜23:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考席数20席、カード可
食べログ点数3.36

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。梅雨の時期がずれ込んだ影響でやっと本格的な夏らしい気候がやってきました。かと思えば、今度は台風が接近しているとのこと。残暑が厳しくなりそうな予感がしていますが、秋の訪[…]

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »