【新宿三丁目】4店舗展開のタイ料理「クルンテープ3」でボリューミーランチ

皆さんこんにちは、新宿地域ブログ『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿三丁目にあるタイ料理屋「クルンテープ3」をご紹介します。

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。今回は、新宿三丁目駅から220m、徒歩約3分のところにある「タイ屋台 999 新宿店」をご紹介します。タイ屋台999(カオカオカオ)新宿末廣亭や複数の飲食店で賑わ[…]

新宿二丁目と三丁目に展開するクルンテープ系列「クルンテープ3」

「クルンテープ3」は、新宿三丁目駅 C6出口からすぐの場所にあるタイ料理屋さんです。

この他に、クルンテープ本店(新宿二丁目)、クルンテープ2(新宿三丁目)、クルンテープ ミッドナイト(新宿二丁目)と計4店舗を展開。

タイの一流レストランより招いたコックが本場の味を提供致します。豊富なメニューとリーズナブルな価格がファンを虜にする理由です。(公式サイトより引用
また、「クルンテープ」という言葉はタイの首都バンコクの現地での呼称を意味しています。

「クルンテープ3の店内

「クルンテープ3」の店内は、席数が26席と狭いイメージで朱色が印象的。

地下にも席はあるようですが、優先的に1階の席へと通されました。

華やかな印象のクルンテープ店内では、タイのポップスが流れ、それに合わせて店員さんが鼻歌まじりに陽気な接客をされていました。

「クルンテープ3」のランチメニュー

週末のランチメニュー(11:30〜15:00)は、A〜Hの8種類で税込935円です。

A・・・屋台風牛肉麺
B・・・トムヤムの辛口ラーメン
C・・・タイ風焼きそば
D・・・海老のグリーンカレー
E・・・豚肉とバジルの炒め&ライス
F・・・蒸し鶏のジンジャーライス
G・・・キャベツと干しエビのナムプラソース炒めライス
H・・・カリカリポークと空芯菜のレッドカレー炒めライス
そして、今回頼んだメニューがこちらです。

ランチセットについてくるサラダは、市販のゴマドレッシングがかかったものでした。

カリカリポークと空芯菜のレッドカレー炒めライス+海老春巻き 990円

ランチセットに+55円で付けた生春巻きは、中にはエビや葉物がギュッと入っており、ボリューミーでお得です。チリソースもしっかりと辛味と酸味があって美味しく、コスパ的にも良かったです。

カリカリポークと空芯菜のレッドカレー炒めは、あまり見ないメニューなので注文してみました。

見た目ほどは辛くなく、チャーシューのようなお肉と柔らかめの空芯菜との組み合わせが美味しかったです。目玉焼きの下にはタイ米が敷いてあり、タイ料理にはやっぱりタイ米が1番合うなと感じました。

スープはトムヤムクンスープで、エビやタコ、イカなどシーフードがたっぷり入っています。

酸味があまり無いトムヤムクンでした。

屋台風牛肉麺+海老春巻き 990円

屋台風牛肉麺のランチセットのミニ丼はグリーンカレーでした。

グリーンカレーにも、エビやイカなどのシーフードがごろっと入っており魚介の旨味を感じるカレーです。

辛さはまったくなく、タイ米がカレーを吸っておじやのような状態になりますが最後までしっかり美味しかったです。

屋台風牛肉麺は、甘めなスープに細めなフォーが入っています。

シナモンのような香りとすき焼きのような風味で独特なメニューでした。

【新宿三丁目】4店舗展開のタイ料理「クルンテープ3」でボリューミーランチ

いかがでしたでしょうか。

今回は、新宿三丁目にあるタイ料理屋「クルンテープ3」をご紹介しました。

ランチメニューは、どれもとてもボリューミーで食べた後の満足感がとてもありました。

公式サイトでは、全4店舗で利用できるクーポンが用意されています。(公式サイト

行かれる方は是非クーポンをご利用ください。

それではまた。

店舗名クルンテープ3
住所〒160-0022  東京都新宿区新宿3-9-10 橋塚ビル1F
最寄駅地下鉄 副都心線、都営新宿線、丸ノ内線 新宿三丁目駅から徒歩1分
営業時間11:30〜15:00
17:00~24:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数26席、カード可
食べログ点数3.45

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »