【新宿TOHOシネマズ】ジョンレノンが生きていた!?映画「イエスタデイ」鑑賞

皆さんこんにちは、GOKです。

今回は、新宿TOHOシネマズで「イエスタデイ」を見てきましたので、あらすじやレビューをご紹介したいと思います。

何年か前に「モーニング」で掲載されていた漫画「僕はビートルズ」の映画化だと思って観に行ったわけですが、どうやら違うようでした。「僕はビートルズ」では、ビートルズが誕生する前にタイムスリップしてビートルズの曲を演奏します。

映画「イエスタデイ」では、「ビートルズ」そのものが存在しないパラレルワールドでのお話です。漫画「僕はビートルズ」のファンの人も楽しめる内容になっていると思いますので、ご紹介していきます。

映画「イエスタデイ」のあらすじ

映画 「イエスタデイ」予告より引用

主人公は、売れないミュージシャン・ジャック。念願だったフェスへ初出場を果たしますが、結果は散々なものに。

その帰り道、ジャックはミュージシャンの夢を諦めようとします。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

幼なじみのマネージャー・エリーの誘いを断り家路を急ぐ途中、世界中で謎の停電が発生。ジャックは交通事故にあい昏睡状態に陥ります。

そして、ジャックが目を覚ましたその世界には何故か「ビートルズ」が存在していないという設定。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

快気祝いで新しいアコースティックギターを手にしたジャックは、「歌ってよ」と促されて1曲披露することに。そこで歌ったのがビートルズの「Yesterday」。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

あまりの名曲さに驚く友人達。「ビートルズ」の曲だと言っても誰も分からず、ジャックはからかわれバカにされていると錯覚します。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

家に帰ってPCで「ビートルズ」を検索してみると「昆虫」しかヒットしません。そこで初めて世界から「ビートルズ」が消えていることに気付くジャック。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

エド・シーランが本人役で登場

ジャックはビートルズの曲を片っ端から書き起こしていき、ライブで次々と披露していきます。ビートルズの曲が話題を呼び、ジャックは瞬く間に話題に上がっていきます。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

本人役で出演するエド・シーランのツアー前座にも抜擢され、パフォーマンスが評価されてメジャーデビューの話も舞い込みます。

映画 「イエスタデイ」予告より引用

世界最大のスターへの階段を順調に登っているかのように見えましたが、そんな時、ジャック以外にもビートルズのことを知る人間が現れる…という展開に。

ジョンレノンが生きていた!?

終盤のシーンで賛否両論ある重要なシーンが存在します。それはジョンレノンが実は生きており、ジャックがジョンレノンに会いに行くというシーン。

海沿いに建てられた一軒家のドアを開けると、そこには80代のジョンレノンの姿が。姿はまさにジョンレノンそのもので、ビートルズファンはもし生きていたらこんな感じだったのではと胸熱になるのは間違いありません。

そこでのジョンレノンとの邂逅により、ジャックは何かを悟ってクライマックスへ突入していきます。

映画「イエスタデイ」の感想

映画「イエスタデイ」は、ビートルズファンはもちろん、そうでない人も楽しめる映画になっています。それはやはりビートルズの音楽が素晴らしくこれだけ多くの方に認知されているからに他なりません。

登場するキャラクターも分かりやすい人物設定で、複雑な内容はなく、誰もが見やすい映画になっています。これもビートルズの音楽のように。

ジャックが歌うビートルズの曲はリアレンジされていて真新しいビートルズを聴くことができます。ジョンレノンの登場シーンはとてもインパクトのあるシーンですが、個人的には感動する良いシーンでした。

ビートルズのCDやレコードを引っ張り出さざるをえなくなるような映画。

気になるかたはぜひチェックしてみてください。

それではまた。

タイトルイエスタデイ (公式サイト
原題Yesterday
制作年2019
上映時間117min
制作国イギリス
監督ダニー・ボイル
配給東宝東和

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »