【女性に人気】銀座駅徒歩2分の担々麺の名店「支那麺 はしご 本店」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、地下鉄丸ノ内線の新宿御苑前駅から一本で行ける銀座のお店「支那麺 はしご 本店」をご紹介します。

銀座で50年以上続く名店「支那麺 はしご 本店

「支那麺 はしご 本店」は、1964年(昭和39年)創業の担々麺専門店。創業当時は銀座五丁目の東芝ビルの地下1階にお店をオープン。その後、東芝ビルの閉館に伴い2009年に銀座六丁目に移転されました。

今現在は、銀座六丁目にある本店の他、入船店、赤坂店、銀座八丁目店、銀座四丁目店、新小岩店と展開されています。

女性に人気!「はしご」の担々麺

店内は、カウンター席が24席のみという細長い造りになっています。少し暗めな照明で、落ち着いて食べれるような雰囲気がありました。

週末の夕方ころ伺った時には、8割ほど席は埋まっており、女性客が多いのに驚きました。

メニューは、スタンダードな担々麺から5種類(搾菜担々麺・鶏絲担々麺・太肉担々麺・排骨担々麺)を展開。

辛いのが苦手な人向けに、6.搾菜麵(ざあさいめん)〜は、坦々ベースではなくしょうゆ味のラーメンになっています。

サイドメニューとして、焼売と餃子もありました。

「支那麺 はしご」の一押しメニューの餃子は5個で900円と少しお高めな価格です。

「はしご」のオススメは排骨担々麺

そして今回頼んだメニューがこちらです。

担々麺+小ご飯 800円

スタンダードな担々麺をオーダーしてみました。注文時には、ご飯は付けますか?とアナウンスがあり、無料でつけることが可能です。

担々麺は、細めのストレート麺で、辛味は後から来るタイプ。少し酸味が効いたスープで、どこか爽やかな感じがします。

スープには柚子と八角を使っているとのこと、後味が爽やかなのも頷けました。

この爽やかさが、女性に人気があるのではないでしょうか。

排骨担々麺 1,000円

排骨担々麺は、豚肉を揚げたもの(排骨)がひき肉の代わりに入っています。排骨は、スープに浸っているにも関わらず、ずっとサクサクで柔らかくジューシーで美味しかったです。

焼売4個 400円

焼売はしっかりと蒸し器で作られていて、肉肉しく食べ応えのあるものでした。ぜひ次回は餃子を頼んでみたいなと思います。

銀座駅徒歩2分の担々麺の名店「支那麺 はしご 本店」

いかがでしたでしょうか。

今回は、銀座で50年以上続く担々麺の名店「支那麺 はしご 本店」をご紹介しました。

担々麺は辛さを調節することが可能で、注文時に伝えるとより辛口にしてくれます。ちょっとお高めな餃子もぜひ試してみたいところ。

後味爽やかで女性にも人気の担々麺、ぜひ一度お試しください。

それではまた。

店舗名支那麺 はしご 本店
住所〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-5 第二ソワレ・ド・ビル 1F
最駅地下鉄 丸ノ内線  銀座駅から徒歩2分
営業時間【月〜金】11:00〜翌5:00
【土・日・祝】11:00〜21:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ◯(11:00〜15:00は全席NG)
備考カウンター席 24席
食べログ点数3.70


Translate »