【駒込駅徒歩1分】焼売好き野田さんが始めた「野田焼売店 駒込本店」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、コワーキングスペースを利用している駒込でランチ時に食べた中華のお店「野田焼売店」をご紹介します。

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。今回は、私が実際に自宅やカフェ以外で作業しているコワーキングスペース「BIZ comfort駒込」についてご紹介したいと思います。快適性と低価格で勝負する「BIZ c[…]

焼売好きの野田さんが始めた「野田焼売店」

元々、焼売が好きだった店主・野田さんが焼売を食べる機会をもっと増やしたいとの思い出で自ら始めたのが「野田焼売店 駒込本店」です。

2015年8月に本店の1号店を駒込にオープンした本店のほか、大塚店にも支店を構えています。

『焼売』への熱い思いが、ホームページから伝わってきますので、ご紹介します。

手作りのこだわり!
手練りの餡作りから包むまで全て店内で手作りしており、多い時は1日1000個近く売れる看板商品です!
国産の食材(肉、玉葱)のみを使用して、添加物は一切入れず、調味料も出来るだけ少量に抑え、肉本来の旨味と脂の甘みをダイレクトに味わって頂きたい!
当店の焼売は甘いんです!!
そして、一番のこだわりは肉の練り具合と赤身と脂の配合!練り過ぎても柔らかく、練りが甘いと固くなる、これを柔らか過ぎず固過ぎず、ちょうど良い状態に練り上げるには店主熟練の技が!
『たかが焼売されど焼売』
野田焼売店 ホームページより引用)
店内は、カウンターが8席、テーブル席が5卓ほどの18席とこじんまりとした造りになっています。
テーブルの中華屋さんっぽくない清潔感を感じれるタイルが新鮮です。
ランチ時は、サラリーマンやOLさん、地元のシニアの方達で常に混んでいる印象で、世間一般の中華料理屋さんよりも女性層が多いような感じがしました。

「野田焼売店」焼売だけじゃない美味すぎラーメン

「野田焼売店 駒込本店」で頼んだメニューがこちらです。

焼売付き日替わり定食 850円

この日の日替わり定食は、エビと青菜の塩炒めと肉焼き焼売2個付きセット。

エビと青菜の塩炒めは、塩味がしっかり効いた味付けになっていますが、一度揚げてあるぷりっぷりの海老が甘くて美味しかったです。

焼売は、今まで食べたことのないほどお肉が詰まっている感じで、とても肉肉しい焼売。

肉の旨味が溢れていてパサパサ感がなく、肉の脂をしっかりと感じれる美味しい焼売でした。

定食以外のランチメニューでもプラス100円で焼売2個をトッピング可能なので、ぜひ必ず頼んで肉の旨味を味わって欲しい一品です。

黒胡麻坦々麺 780円

黒胡麻坦々麺は、黒酢のちょうど良い酸味が効いたイカスミのような黒いスープ。

麺はもちもちとした細麺になっていて、胡麻やネギなどの薬味と唐辛子などのスパイスのみじん切りが細かく入っています。

クセになるような辛さがあって、スープを飲み干したくなるようなとても美味しいラーメンでした。

鶏塩つけ麺 780円

鶏塩つけ麺は、柚子が入ったつけダレとちょっと変わったちぢれ麺になっています。

黒胡麻坦々麺にも言えることですが、中華料理のジャンク感が一切なく、体にも良いようなヘルシーさを感じれます。

わりと女性のお客さんが多いのも頷けるなと思いました。

また、付けダレスープはサービスで付いてくる白ご飯とも合うので、量的に男性も満足できるつけ麺でした。

【駒込駅徒歩1分】焼売好き野田さんが始めた「野田焼売店 駒込本店」

いかがでしたでしょうか。

駒込のランチ時によく利用している中華のお店「野田焼売店 駒込本店」をご紹介しました。

お店自慢の焼売は、全部で6種類(スタンダードな焼売・焼き焼売・水焼売・揚げ焼売・辛味焼売・チーズ焼売)が、夜のメニューで注文可能です。この6種類が入った盛り合わせのメニューもあるので、ぜひ今度は夜に伺いたいなと思います。

そして、よく見るとお店の外観もどことなく焼売っぽく見えてくるのは私だけでしょうか。

焼売好きが作るこだわりの焼売、ぜひ食べに行ってみてください。

それではまた。

店舗名野田焼売店 駒込本店
住所〒 東京都文京区本駒込6-24-4 鈴木ビル1階
最寄駅地下鉄 南北線 駒込駅 徒歩1分、駒込駅から182m
営業時間11:30〜24:00
定休日なし(年末年始のみ休み)
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数 18席
食べログ点数3.49



Translate »