【京都人気カフェ】コーヒーを通じて世界を見る「%アラビカ京都」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、京都旅行で行ったお店の第3弾として京都で有名なカフェ「アラビカ京都」をご紹介します。

「アラビカ京都」の“See The World Through Coffee”

「アラビカ京都」は、子供の頃から世界100ヶ国近くを旅してきたオーナー・東海林克範さんが「自分とは何者なのか、どんな人生を送りたいのか」を自問自答し辿り着いたお店。

皆様に最高のコーヒーをお出しする為に、ハワイにコーヒー農園を購入し、生豆商社を始め、国産焙煎機の輸出元や、世界最高峰のエスプレッソマシンの代理店となり、メイド・イン・ジャパンのコーヒーブランドに相応しい、京都という土地でコーヒーロースターをオープン致しました。
公式サイトより引用
【See The World Through Coffee(コーヒーを通じて世界を見る)】をコンセプトに、中国やフランス、ドイツなど世界に26店舗(2019年8月現在)を展開、日本では京都に3店舗(東山、嵐山、藤井大丸)を展開しています。
その中でも今回は、大型商業施設の1階に店を構える藤井大丸店へと足を運んでみました。

「アラビカ京都」のロゴマーク「%」

「アラビカ京都」のロゴマークである【%】は、コップのみならず床など、お店の至る所に描かれています。

ロゴマーク【%】の意味は、正式には明かされていないようで、謎のベールに包まれたまま。

“コーヒー豆の木に見えるから”、“アラビカ種100%だから”など色々な憶測が広がっています。

個人的には、“何パーセント”と数の表記がないので、“色んなことが無限大”、“限界はない”、という意味かなと思いました。

このロゴマークが使われたタンブラーやシューズ、バッグなどのグッズも展開されていて、公式サイトで通販で購入可能です。店舗でもコーヒー豆やコーヒー豆を保存するキャニスター(ホーロー製)が売られています。

アラビカ種のアイスカフェラテ

店内は細長い作りになっていて、席がみな外側を向いているのが特徴的。テーブル席というよりかはスタンド席になっています。

若いカップル同士も多かったですが、1人で読書したりPC作業をしている人も多く見かけました。

アイスカフェラテ(short) 450円

「アラビカコーヒー」のアイスカフェラテも、東京は西新宿のカフェ「カウンターパートコーヒーギャラリー」や神保町のカフェ「グリッチコーヒー&ロースターズ」と同じように混ぜないで飲むスタイルのカフェラテです。

コーヒー豆の苦さが心地よいとても美味しいカフェラテでした。

コンセプトの【See The World Through Coffee(コーヒーを通じて世界を見る)】は、紙製のストローにも表わされています。世界中を旅したオーナーの思いが反映されているようでした。

【京都人気カフェ】コーヒーを通じて世界を見る「%アラビカ京都」

いかがでしたでしょうか。

今回は、京都旅行で行ったお店の第3弾として京都で有名なカフェ「アラビカ京都」をご紹介しました。

大型商業施設・藤井大丸の中に店舗を構えているので、京都へ旅行した人も行きやすい場所にある支店です。

他の2店舗も、次に京都へ訪れた際に行ってみたいと思いました。

京都へ行かれる方は、ぜひアラビカコーヒーを味わってみてください。

それではまた。

店舗名アラビカ 京都 藤井大丸
住所〒600-8031 京都府京都市下京区四条寺町 藤井大丸 1F
最寄駅阪急 河原町駅から徒歩2分
京都本線 祇園四条駅から徒歩5分
京都市営地下鉄 四条駅から徒歩5分
営業時間10:30〜20:00
定休日無し
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考公式サイト
食べログ点数3.41

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。このBlog【Daily Shinjuku】がスタートして、はや4ヶ月が経過しました。2/16に1記事目を初投稿をしてから、ようやくと言いますかなんとか100記事[…]

Translate »