【京都ラーメンの原点】黒いラーメンと黒い焼飯「新福菜館 本店」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、京都へ小旅行へ行った際に食べたラーメン屋さん「新福菜館 本店」をご紹介します。

1938年(昭和13年)創業の京都ラーメン原点「新福菜館 本店」

「新福菜館 本店」は、京都駅から徒歩5分の場所にあるラーメン屋さん。

1938年(昭和13年)創業で京都ラーメンの原点と言われているお店です。

隣のお店には、新宿御苑前にも支店がある「ラーメン第一旭」が軒を連ね、どちらも行列ですごい人でした。

どちらも京都ラーメンを代表する2店舗です。

関連記事

京都の老舗ラーメン「本家 第一旭 新宿店」皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。今回は、地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」駅から徒歩1分の場所にあるラーメン屋「本家 第一旭 新宿店」をご紹介します。こち[…]

 

京都ラーメン「新福菜館 本店」のメニュー

15分ほど並んでいると、店員さんにメニュー表を渡され、頼むメニューを先に伝えます。

この店員さん、何組もオーダーを聞いていたのですが、メモを取ることなく頭で暗記していました。

見た目は若そうな青年なのですが、実質この店員さんがお店を回しているかのようなそんな貫禄がありました。

店内は、カウンター席が3席と4人テーブル席が6席あり、当たり前なように相席となります。

厨房にはラーメン係が1人、焼飯係も1人で、皿洗いに外国人1人の計3人です。

ホールは、先ほどの青年ともう一人女性がいて2人で回しているようです。

「新福菜館 本店」の黒いラーメンと黒い焼飯

そして今回頼んだメニューがこちらです。

肉多目(チャーシューメン)900円

見るからに濃そうな黒いスープと溢れんばかりのチャーシューに九条ネギが乗ったチャーシューメンは、見た目ほど濃くはなく、あっさりとした味わい。麺はストレートな中太麺で少しもちもちとした食感、スープとよく合いました。

これでもかとたっぷり入っているチャーシューは脂身が多めですが、どこかあっさりと食べれる感じがあります。

普通盛りでも量がしっかりとある印象でしたが、卓上に置いてある辛味噌を入れるとまた違った味わいで最後まで美味しくいただけました。

焼飯 500円

焼飯もラーメン同様、普段見るチャーハンより黒いビジュアルで、ラーメンの返しを使っているのがわかります。

パラパラ系というよりもお米が立っているしっとり系のチャーハンは、ラーメンよりも味がしっかりとしています。

ネギと卵、チャーシューが良いバランスで入っていて、量もちょうどよく美味しかったです。

【京都ラーメンの原点】黒いラーメンと黒い焼飯「新福菜館 本店」

いかがでしたでしょうか。

今回は、京都へ小旅行へ行った際に食べたラーメン屋さん「新福菜館 本店」をご紹介しました。

東京にも、秋葉原や麻布十番でも味わえますので、ぜひ気になった方は食べてみてください。

京都の本店も行列で混んではいますが、回転も早いのでそこまで待たずに入れるかと思います。

それではまた。

店舗名新福菜館 本店
住所〒600-8213 京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
最駅JR京都駅から徒歩5分 362m
地下鉄烏丸線 京都駅 徒歩5分
営業時間9:00〜20:00
定休日水曜日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考カード不可、席数 51席(1階27席、2階24席)
食べログ点数3.72


Translate »