リアルな新宿ライフと新宿最新ニュースを発信する新宿地域メディアサイト

【2023年4月開業予定】ホテル×エンタメの超高層複合施設『東急歌舞伎町タワー』、2階~5階の主要大型テナントが決定!

2022年竣工予定の超高層複合施設『東急歌舞伎町タワー』が2023年4月に開業予定。2~5階の主要大型テナントが決定したとのことで、詳細をご紹介します。

目次

【ホテル×エンタメ施設】超高層複合施設『東急歌舞伎町タワー』

『東急歌舞伎町タワー』は、新宿歌舞伎町エリアに映画館や劇場、ライブホールなどのアートや音楽といった多様な文化を発信するエンターテインメント施設(高層複合施設)として誕生。

地上48階・地下5階・塔屋1階、約225mの超高層複合施設となっており、2023年4月の開業が決定しています。

地下1階~地下4階には、新宿エリア最大級の1,500名のキャパシティを誇るライブホール「Zepp Shinjuku (TOKYO)」がオープン。

6~8階に劇場「THEATER MILANO-Za」、9~10階には映画館「109シネマズプレミアム新宿」がオープンし、17~47階は国内最大級のホテルやレストランとなっています。

今回、新たに2~5階の主要大型テナントが決定。1階~5階の店舗等は「エンターインメント&レストラン」として、各テナントや本施設内の各用途と連動し、コンセプト「“好きを極める場”の創出」を実現する施策が推進されます。

『東急歌舞伎町タワー』2階〜5階の主要大型テナント

■2階 エンターテインメントフードホール「株式会社浜倉的商店製作所」

2階は「恵比寿横丁」や「渋谷横丁」などの“新しい横丁ブームの元祖”を手掛けた「株式会社浜倉的商店製作所」が運営する歌舞伎町の次世代エンターテインメントフードホール。「祭り」をテーマに食と音楽と映像が融合します。

■3階 アミューズメントコンプレックス「株式会社バンダイナムコアミューズメント」

3階には「エンターテイメントシティ歌舞伎町」に相応しいアミューズメント、フード、イベント等を組み合わせた新業態「アミューズメントコンプレックス」を展開。

POPなネオンに囲まれた空間で、バンダイナムコグループが取り扱うコンテンツを体験できます。

■4階 次世代型アトラクション体験施設「株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント」

4階は「株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント」と「株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ」が共同で、テクノロジーとエンターテインメントを掛け合わせた、次世代型アトラクション体験施設を提供。

■5階 ウェルネスエンターテインメント施設「合同会社新宿MILANO 05」

5階には、「美と健康」をテーマにしたラグジュアリーなウェルネスエンターテインメント施設が誕生。トレーニングジムやプライベートサウナ、テラスプールなどが配置されるウェルネスゾーンと、オープンキッチンで上質な食やお酒を提供するホスピタリティ高いレストランが併設します。

『東急歌舞伎町タワー』概要

■施設名:東急歌舞伎町タワー
■開業:2023年4月予定
■施設
【B1階~B4階】ライブホール「Zepp Shinjuku (TOKYO)」
【1階~5階】エンターインメント&レストラン」
【6階~8階】劇場「THEATER MILANO-Za」
【9階~10階】映画館 「109シネマズプレミアム新宿」
【17階~47階】ホテル&レストラン
・17階 レストラン&バー
・18~38階「HOTEL GROOVE SHINJUKU」
・39~47階「BELLUSTAR TOKYO」
公式サイトはこちら


東京都と新宿区が新宿駅周辺の一体的な再開発を行う『新宿グランドターミナル構想』とともに、続報が入り次第お知らせしていきます。

【新宿再開発に関連した記事】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると幸いです
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる