【新宿御苑前の町中華】中華料理「蜂宴」の男飯な炒飯とタンメン

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿御苑前にある前々から気になっていた中華料理屋さん「蜂宴」に伺ってきましたのでご紹介します。

新宿御苑前の町中華「蜂宴」

「蜂宴」は、地下鉄丸ノ内線 新宿御苑前駅から徒歩4分、四谷方面へと向かう新宿通りから一本路地へ入った通りにひっそりと構えている中華料理屋さん。

年季の入った赤い外観が目印で、「蜂宴(ほうえん)」と一風変わった名前が特徴的です。

サラリーマンの方がよく利用しているイメージがあり、平日のお昼頃に伺ってみました。

「蜂宴」の店内

「蜂宴」の店内は、カウンター席10席のみのこじんまりとした造り。

外観だけでなく店内も年季が入っていて昭和感が漂っています。どこか懐かしい感じで妙に落ち着く空間でした。

カウンター席に座ると、店主の鍋をふるう姿が丸見えです。

ランチ時は、店主と奥さんらしき方の2人のみで切り盛りされていました。

「蜂宴」のメニュー

「蜂宴」のメニューは、下記の写真をご覧ください。

「蜂宴」のメニュー(一部抜粋)
・ラーメン 550円
・ワンタンメン 730円
・タンメン 730円
・みそラーメン 780円
・炒飯 730円
・野菜炒ライス 780円
・肉炒ライス 890円
・レバニラ炒ライス 890円
・餃子 450円
・ライス 200円

この令和の時代にラーメン1杯550円という安さ。昭和の古き良き時代を思い起こさせますね。。

そして、今回頼んだメニューがこちら。

餃子 450円

5個入りで450円の餃子は、サイズが大きめで1枚で十分なボリューム感です。

中の餡はしっかりと味がついており、ニラが多めに入っていました。タレに付けなくても十分に美味しくいただけて、冷えたビールにもよく合いそうでした。

炒飯 730円

炒飯は、全体がしっとりと油でコーティングされてちょっと崩れているという、見た目から男飯な印象の炒飯。

具材は卵・ネギ・グリーンピースと上に大きめのチャーシューがトッピングされています。

パラパラ系よりもしっとり系のため、具とよく絡んでいてチャーシューの味がしっかりと効いていました。

シンプルながらも旨味がしっかりとしていて、止まらなくなるほど美味しい炒飯でした。

タンメン 730円

タンメンは、上に乗っている野菜炒めが抜群の味付けで食欲をそそります。

野菜の旨味がぎゅっと詰まったしっかりした味のスープも絶品でした。

麺が少し特徴的で、細めで縮れており柔らかい茹で加減の麺になっています。その柔らかい麺が食感の楽しい野菜やスープと相性が良くて素晴らしかったです。

他の種類のラーメンも気になってくるほどの美味しさでした。

【新宿御苑前の町中華】中華料理「蜂宴」の男飯な炒飯とタンメン

いかがでしたでしょうか。

今回は、新宿御苑前駅から徒歩4分の場所にある中華料理「蜂宴」をご紹介しました。

ふらっと立ち寄ったお店で頼んだメニューがどれも美味しく、ビールに合いそうな味付けだったので、ぜひ今度夜に再訪したいなと思いました。

レバニラ炒ライスを頼んでいるお客さんが多かったので、次回頼んでみようと思います。

気になる方は、ぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名蜂宴
住所〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-11
最寄駅地下鉄 丸ノ内線 新宿御苑前駅より255m、徒歩4分
営業時間20:30まで
定休日水曜日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数10席、カード不可
食べログ点数3.22

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »