【オリンピック】新国立競技場から徒歩9分、カフェ「泥人形」の不思議な空間

皆さんこんにちは、新宿地域ブログ『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期が決まったオリンピックの舞台である新国立競技場界隈のお店をご紹介します。

カフェ「泥人形」は、新国立競技場から歩いて徒歩9分の場所にある喫茶店で、最寄駅は中央線・総武線の千駄ヶ谷駅(徒歩4分)、または地下鉄 副都心線の北参道駅(徒歩5分)の2駅が利用可能です。

創業40年のカフェ「泥人形」

新宿から向かう場合は、新宿御苑の千駄ヶ谷門から徒歩3分の場所にあり、新国立競技場から徒歩で行かれる場合には、“東京都道414号四谷角筈線”を千駄ヶ谷駅前を通り北参道方面へと歩いていくとカフェ「泥人形」に辿り着きます。

カフェ「泥人形」は、地下にお店を構える創業40周年を迎える昔ながらの喫茶店です。

錆びれた看板など入店するのに少し躊躇してしまう外観ですが、今回伺ってみました。

地下に階段で降りていくと、右手ドアにあるポスターが貼られています。

高畑充希主演のテレビ東京ドラマ「忘却のサチコ」で、このお店の「ナポリタン」が使われたとのこと。イカやウインナー、ピーマンなど具沢山なナポリタンで、これは非常に美味しそうです。

カフェ「泥人形」の店内

カフェ「泥人形」の店内は、所々にあしらわれたステンドグラスやレンガ調の壁が印象的でした。

祝日の15時ごろに伺いましたが、客層はサラリーマンはカップルなど様々で、8割ほどの席は空いていました。

古い洋館のような店内は、カウンター席やテーブル席など仕切られた空間で不思議と居心地が良かったです。

アンティーク調の椅子に座ると、TVからはワイドショーが流れており、BGMは井上陽水のレコードというこれまた不思議な空間。

カウンター席のお客さんとマスターがテレビを見ながら会話しているのもまた良いBGMになっていました。

カフェ「泥人形」のメニュー

カフェ「泥人形」のメニューは、食事メニューやアルコールメニューなどが充実。

絶品カレーフェアのメニューが2019年のモノで、好評だったために延長されているのでしょうか。

カフェ「泥人形」のカレーメニュー(コーヒーまたは紅茶付き 1,030円)
・欧風チキンカレー 900円
・ドライキーマカレー 900円
・ローストスパイスビーフカレー 900円
・濃厚バターチキンカレー 900円

「忘却のサチコ」にも登場した「ナポリタン」は写真から美味しそうだったのですが、ランチ後だった為、今回はケーキセットを注文。

マロンケーキ 450円+ミルクティー 480円(セットで100円引き)

マロンケーキは、お店で作ったというよりかは仕入れたような感じがしました。

甘さ控えめで栗をしっかりと感じれて美味しかったです。

アイスコーヒー 480円

【オリンピック】新国立競技場から徒歩9分、カフェ「泥人形」の不思議な空間

いかがでしたでしょうか。

今回は、新国立競技場から徒歩9分、千駄ヶ谷駅や北参道駅が最寄駅のカフェ「泥人形」をご紹介しました。

ランチ時は賑わっているとのことで、今度はナポリタンやカレーを食してみたいと思います。

新国立競技場の帰りなど、ぜひ立ち寄ってみてください。

それではまた。

店舗名泥人形
住所〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-2 B1F
 最寄駅地下鉄 副都心線 北参道駅 徒歩5分、313m
営業時間【月〜金】9:00〜19:00
【土】10:00〜18:00
定休日日曜日不定休
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考30席、カード不可
食べログ点数3.27

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。このBlog【Daily Shinjuku】がスタートして、はや4ヶ月が経過しました。2/16に1記事目を初投稿をしてから、ようやくと言いますかなんとか100記事目ま[…]

>新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報もあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »