【新宿駅南口】令和の時代に昭和を味わう駅近純喫茶「珈琲タイムス」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、JRや小田急線、京王駅が利用可能なメガターミナル駅の新宿駅から徒歩2分の場所にある純喫茶「珈琲 タイムス」をご紹介します。

新宿駅近く全面喫煙可の純喫茶「珈琲タイムス」

「珈琲 タイムス」は、創業40年を超える昭和感漂ういわゆる純喫茶のお店です。

以前に、この「Daily Shinjuku」で同じく純喫茶の 「らんぶる」を特集しました。

ということで、純喫茶第2弾になります。

関連記事

純喫茶の定義とはこんにちは、GOKです。今回、紹介するカフェはJR新宿駅東口・東南口の近くにある「名曲・珈琲 新宿 らんぶる」です。「らんぶる」はいわゆる純喫茶になります。純喫茶の定義は"銀色のトレーをウエイターさん[…]

昭和感漂うレトロな外観

店先では数種類ものコーヒー豆が購入可能で、コーヒーの良い香りが漂ってきます。

レトロな喫茶店「珈琲タイムス」のギャップ

店内は、ワンフロアのみで席数は81席もあります。

想像以上に暗め(下の写真以上に)ですが、通りの光が柔らかく入ってきて、とても落ち着く空間です。

コーヒーを淹れてくれるマスターは年配の方ですが、他の従業員が若いアルバイトさんのようで、レトロな喫茶店でのギャップが面白く感じました。

客層は男性1人で来られてる方が多く見られます。また、若いカップルや女性同士もチラホラと何組か見られました。

”普通”さが美味しい「珈琲タイムス」モーニングメニュー

頼んだメニューはこちらです。

モーニングセット 690円

どこどこの食パンを使っているとか、特筆すべきことはそんなにないのですが、実家で食べる朝ごはんのようなそんな”普通”な感じが良いです。適量のポテトサラダが”普通”で美味しかったり、お代わりしたくなるようなコーヒーだったり。

”普通”という言葉で片付けるのは申し訳ないですが、その”普通”さが良いと思いました。

関連記事

皆さんこんにちは、GOKです。先月の10月後半から自分自身がフリーランスとなったことで、平日の朝早くからPC作業できるカフェを日々探しております。また、PC作業だけに関わらず美味しいモーニングを食べれる場所が新宿界隈には多く見られる[…]


1つ気になったのが、タバコの煙です。

全面喫煙可ということもあり、わりとお客さんの中の高確率の方がタバコを吸われているような印象でした。

席と席がそこまで離れている訳ではないので、嫌煙家には少し嫌がられるかもしれません。

【新宿駅南口】令和の時代に昭和を味わう駅近純喫茶「珈琲タイムス」

いかがでしたでしょうか。

「らんぶる」に続いて、新宿にある純喫茶  「珈琲 タイムス」のご紹介でした。

新宿駅南口付近で休憩する場所を探している時は、 【令和】の時代に 【昭和】を感じる純喫茶「珈琲 タイムス」で、少しくつろいでみてはいかがでしょうか。

それではまた。

店舗名珈琲 タイムス
住所〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-11
最寄駅JR 新宿駅南口から徒歩2分 195m
営業時間8:00〜21:00(月〜土)

8:00〜20:30(土日祝)

定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考カード不可
食べログ点数3.29

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。このBlog【Daily Shinjuku】がスタートして、はや4ヶ月が経過しました。2/16に1記事目を初投稿をしてから、ようやくと言いますかなんとか100記事[…]

Translate »