【SDGsが後押し】食品ロスを解決するアプリ『No Food Loss』

新宿区西新宿に本社を構える「みなとく株式会社」は、食品ロスの解決を目的としたアプリ『No Food Loss』をリリース。
アプリの内容や詳細についてご紹介します。

SDGsが後押しするアプリ『No Food Loss』

日本は年間約643万トンもの食品ロスを排出している食品ロス大国。

国連のSDGs(持続可能な開発目標)では、30年までに1人当たりの食料廃棄を半減すると掲げており、この課題に取り組む企業が増えている。

新宿に本社を構える「株式会社エイチ・アイ・エス」のグループ会社「みなとく株式会社」は、コンビニなどで発生している“まだ食べられるのに捨てている食品ロス”をお得な価格で購入できるアプリをリリース。

現在は首都圏を中心に、「ポプラ」や「生活彩家」など120 店舗のコンビニなどで利用可能となっています。

アプリ『No Food Loss』の使い方

アプリ『No Food Loss』の使用方法

1.まずはアプリをダウンロードする。(App Store / Google Play

2.ダウンロードしたアプリを起動し、位置情報をオンにする。

3.アプリ内で会員登録をする。

4.会員登録が完了したら、表示された割引クーポンのなかで使いたいものを探す。※いま現在は大体50%OFFとなっています。

5.お目当ての商品が見つかったら該当する店舗へ向かい、クーポンを使って購入する。

アプリによる収益の20%が「みなとく株式会社」へと入る仕組みになっていて、さらにその収益の一部がNPOを通じてアフリカの子供の給食支援として寄付されるとのこと。

食品ロスを防ぐアプリ『No Food Loss』に加盟する飲食店も絶賛募集中となっています。

まずはアプリをダウンロードして、近隣にあるお店をチェックしてみませんか?

「SDGs」に関係するお店
関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。今回は、新宿三丁目にあるちょっと一風変わったカフェ&バー「新宿ダイアログ」をご紹介します。SDGsに取り組む「新宿ダイアログ」地下鉄 丸ノ内線、都[…]

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »