【個室型ワークスペース“CocoDesk”】「STATION WORK」のメトロ版が2/20より開始

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月10日
  • NEWS

富士ゼロックスと東京メトロは、共同で2/20(木)より個室型ワークスペース『CocoDesk(ココデスク)』の提供を開始します。

個室型ワークスペースを先立って展開したJR東日本では新宿駅に駅ナカシェアオフィス「STATION WORK」を設置。

『CocoDesk(ココデスク)』はいわゆる「STATION WORK」のメトロ版のイメージとなります。

関連記事

皆さんこんにちは、GOKです。働き方改革で政府が副業を推進したのは2017年のこと。ようやく最近になって周りでもフリーランスになる人や、テレワークをしている人が増えたように感じます。それに伴って、コワーキングスペースやシェアオフィス[…]

個室型ワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」

富士ゼロックス提供

「CocoDesk(ココデスク)」とは

外出先であっても、移動中であっても、今ここで仕事ができたら、という時はやってくる。
そんな“働く人”の立場から、富士ゼロックスが提供するプライベートオフィス・サービス「CocoDesk」
「働きやすさ」を追求してきた富士ゼロックスが、快適に、安全に、集中できる個室空間をデザイン。
駅ナカはもちろん、ビルナカや街ナカなど数多くの公共スペースに設置して仕事で移動する人に、圧倒的な利便性を提供します。
これからは場所も時間も、もっとあなた基点の働き方へ。
外出中、どこへにいても、あなたのいる、いまここで、ここちよく働こう。(富士ゼロックスサイトより引用

「CocoDesk(ココデスク)」概要

■提供開始日  2020年2月20日(木)
■利用可能時間 7:00~22:00 
■利用料金 個人向け 15分250円(税別)、法人向け 月額基本料1,500円(税別/5ユーザー)+250円(税別/15分/従量課金)
■設置駅 南北線・銀座駅 山王溜池駅(3台)、千代田線・副都心線 明治神宮前駅(2台)、有楽町線 池袋駅(1台)、南北線 六本木一丁目駅(1台)
■設置設備 デスク、椅子、電源コンセント、USBコンセント、Wi-Fi、液晶モニター、エアコン
■サイズ 幅1.3m×奥行1.0m×高さ2.1m(内寸)
■決済方法 クレジットカードのみ

「CocoDesk(ココデスク)」利用方法

1.専用WEBサイトへ会員登録する。
※個人の場合のお申し込みは2月20日から受付開始。
法人の場合→CocoDesk 法人契約

2.専用WEBサイトでCocoDeskを探して予約をする

3.予約時間になると専用WEBサイトに解錠キーは表示され、そのキーを使って入室、利用開始


「CocoDesk(ココデスク)」は、京浜急行電鉄やオフィスビル、展示場・会議場などでも順次展開されて行くとのこと。
新宿三丁駅や東新宿駅など新宿区内に設置された際には取材後、「STATION WORK」との違いなどもご紹介予定です。

関連記事

皆さんこんにちは、GOKです。働き方改革で政府が副業を推進したのは2017年のこと。ようやく最近になって周りでもフリーランスになる人や、テレワークをしている人が増えたように感じます。それに伴って、コワーキングスペースやシェアオフィス[…]

>新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報もあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »