【四谷三丁目駅から徒歩2分】比較的普通な格安中華「香港料理 華縁」

皆さんこんにちは、GOKです。

今回は、新宿御苑から徒歩でもアクセス可能な四谷にある香港料理屋さんをご紹介します。

四谷三丁目駅から徒歩2分の「香港料理 華縁」

「香港料理 華縁」は、地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩2分、新宿御苑前駅からも徒歩5分の新宿通沿いにお店を構えています。

近くには以前紹介した中華料理「南昌飯店」があり、お昼時にはお客さんを取り合うライバル店です。

関連記事

皆さんこんにちは、GOKです。今回は、新宿からも歩いていける四谷にある中華料理屋「南昌飯店」に行ってきましたので、ご紹介します。芸能人も通う中華料理屋「南昌飯店」中華料理屋「南昌飯店」は、地下鉄 丸ノ内線 四谷三丁目[…]

「香港料理 華縁の店内

「香港料理 華縁」の店内は、総席数45席と広めのワンフロア。お店が新しいのか、比較的綺麗で清潔感が感じられました。

席と席の間隔も広く、居心地は良かったです。というか平日の19時過ぎの時間帯はあまり混んでいませんでした。

男性のおひとりさまや団体客が多い印象です。飲み放題や食べ放題のプランも用意されてあり、これからの時期の忘年会、歓送迎会にも使えそうな雰囲気がありました。

「香港料理 華縁」のメニュー

「香港料理 華縁」のメニュー表はどの料理にも必ず写真がついてあり、イメージがしやすくてとても選びやすかったです。料理の種類もとても豊富で、選ぶ楽しさがありました。

まずは、飲み物とおかずが2品ついてお得な晩酌セット(1,080円)を注文しました。

晩酌セット(1,080円)
【A】生ビール×2
【B】焼き餃子、春巻
【C】マーボー豆腐、スブタ
晩酌セット 1,080円

餃子(5個入り)は、可もなく不可もなくといった印象、焼き加減は良かったと思います。

晩酌セット 1,080円

春巻は、餡がキャベツや春雨で材料を安くしているように感じられちょっと残念な餡でした。ぱさぱさ感もあり、お値段を安くしている理由がわかるような春巻です。

晩酌セット 1,080円

麻婆豆腐は、見た目ほど辛さはありません。万人受けするような味付けで、お店のオリジナリティを感じる料理ではなかったように思います。

晩酌セット 1,080円

酢豚は、野菜の油通しが少し足りないず、シャキッとした食感は良いのですがやや半生感がありました。豚肉がカリッカリに揚げられていて、酢豚のタレと絡ませると良い食感で美味しかったです。

特製エビチャーハン 950円

特製エビチャーハンは、ニンニクの芽がネギの代わりに入っており、ニンニク臭がちょっと強めなように感じました。

メニュー表に載っている特製エビチャーハンよりもエビが小さめで見た目が少し寂しいです。味付けも薄味なチャーハンでした。

鶏肉とカシューナッツ・唐辛子炒め 980円

今回、頼んだ中で一番美味しかったのが、この鶏肉とカシューナッツ・唐辛子炒めです。唐辛子の辛味と山椒が効いていて美味でした。お酒のおつまみとしても薄味のチャーハンとも合って良かったです。

【四谷三丁目駅から徒歩2分】比較的普通な格安中華「香港料理 華縁」

いかがでしたでしょうか。

今回は、地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩2分のところにある「香港料理 華縁」をご紹介しました。

晩酌セットメニューは界隈の中華料理屋さんと比べると比較的お値段が安い印象でしたが、安いなりの理由が感じられ残念でした。

ただ居心地が良くてメニューも豊富なので、飲み屋さんとして利用する分にはオススメかと思います。

気になる方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

店舗名香港料理 華縁(公式ホームページ
住所〒160-0004  東京都新宿区四谷3-13-4 亜細亜観光ビル1F
最寄駅地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩2分、新宿御苑前駅 徒歩8分
都営新宿線 曙橋駅 徒歩8分
営業時間【ランチ】11:30〜15:00
【ディナー】17:00〜23:30
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数45席、カード可
食べログ点数3.24

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »