【新宿駅直結】ドイツビールに合う1930年創業の洋食屋「つばめグリル」

皆さんこんにちは、GOKです。

今回は、つい先日「新宿タカシマヤ オススメ飲食店8選」の記事をご紹介しましたが、新たに13階にある洋食屋「つばめグリル」に伺ってみましたので、ご紹介します。

つばめグリルの歴史

「つばめグリル」という名前は、1930年創業開始した当時、列車として走っていた“特急つばめ”から来ています。

つばめという名前の由来は、“特急つばめ”にちなんでいます。
“特急つばめ”という名の列車が最初に東京駅を出発したのは、1930年(昭和5年)10月1日のことでした。
当初この列車は新橋にも停車していたのですが、やがて新橋には停車しなくなり、新橋駅寄りにあった当店は惜しむ地元の人々の声に押され、“つばめ”の名を後世に残すべく、“つばめグリル”と命名されました(公式サイトより

「つばめグリル」は、東京都を中心に神奈川・埼玉と24店舗を展開。

看板メニューである「つばめ風ハンブルグステーキ」は全店で1日に6500個売れる大人気商品とのこと。今回、「つばめ風ハンブルグステーキ」を頼んでみましたので写真とともにご紹介します。

「ハンブルグステーキ」はハンバーグの正式名称。18世紀頃のドイツ・ハンブルクでのタルタルステーキが、ハンバーグの起源になっています。

つばめグリルの店内

つばめグリルの店内は、樽やビールなど海外のバルを彷彿とさせる造り。

平日の午後8時頃に伺った際には、お客さんの入り具合は半分ほど。その中でも外国旅行客が何組か見受けられました。

野菜の生産者の表記はスーパーやレストランで見たことがありましたが、牛肉・豚肉の生産者を明記しているのは初めて拝見しました。

お肉の場合でもこれがあると、どこかホッと安心できます。

ドイツにちなんだつばめグリルのメニュー

そして注文したメニューはこちらです。

ハーフピルスナー 529円+ ゲストリッツァー 702円
ソーセージ盛合せ 1,242円

看板メニュー「ハンブルグステーキ」がドイツからの由来ということもあり、ドイツビールやソーセージなどドイツ料理が豊富に取り揃えてありました。

ドイツの家庭料理であるアイスバイン(豚肉を香味野菜・香辛料とともに数時間煮込んだもの)を含んだソーセージ盛合せは、食べ応えのある一皿。ソーセージは、種類によって皮のパリッと感が異なり、マスタードを付けずとも楽しめる美味しさです。

また、マスタード自体もつぶつぶ感が多い感じで、ソーセージにつけるとより一層美味しくいただけました。

ポテトのチーズ焼き 767円

ポテトのチーズ焼きは、グラタンに似た感じで体が暖まる料理です。

ジャガイモのカットがちょうど良くホクホクとしていて、チーズとホワイトソースが絡んで美味しい鉄板料理でした。

スープセット 486円
つばめ風ハンブルグステーキ 1,501円

看板メニューのハンブルグステーキは、アルミホイルで包まれており、熱々でいただけます。デミグラスソースのようなビーフシチューとハンバーグの肉汁が混ざり合い、凝縮した旨味を味わえました。

付け合わせのジャガイモをソースに付けて食べるのがとても美味でした。

1930年創業の老舗洋食屋「つばめグリル」

いかがでしたでしょうか。

今回は、新宿タカシマヤ13階にある洋食屋「つばめグリル」をご紹介しました。

1930年創業当時の人気メニューをドイツビールと一緒に楽しめ、とても贅沢で美味しい時間を過ごせました。

そんな日常とは少し違った雰囲気を味わえる洋食屋「つばめグリル」。新宿にたくさんある飲食店の中で、何を食べようか迷った際にはぜひオススメです。

それではまた。

店舗名つばめグリル 新宿タカシマヤタイムズスクエア店
住所〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ 13F
最駅JR 新宿駅南口から徒歩2分、310m
営業時間11:00〜23:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数68席
食べログ点数3.35

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。今回は、新宿駅前にある新宿タカシマヤ特集(まとめ記事)です。個人的にクレジットカードを作るほどいつもお世話になっています。新宿タカシマヤは駅直結と言っていいくらい、雨[…]

Translate »