【高円寺喫茶店】昭和へタイムスリップ、ノスタルジーに浸れる「七つ森」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、新宿からJR中央線で一本で行ける高円寺にある喫茶店「珈琲亭 七つ森」をご紹介します。

宮沢賢治の詩集から命名「珈琲亭 七つ森」

「珈琲亭 七つ森」は、昭和53年創業、宮沢賢治の詩集から命名された喫茶店。

昭和レトロな外観やふくろうのキャラクターは、宮沢賢治ワールドを彷彿とさせます。
最寄りの新高円寺駅からは、ルック商店街を高円寺駅方面へ歩いたところにお店を構えている「珈琲亭 七つ森」。商店街の中でも夜遅くまで営業されていて、一際目立って妖しげな雰囲気を醸し出していました。

「珈琲亭 七つ森」の店内

外観以上に妖しさを放っている店内は、タイムスリップしたかのような昭和感。

欠けたままの少し暗めなランプシェード、髪が増えているかのような日本人形、和テイストな絵画と規則正しく並んだ古い瓶。

席数は30席で、カウンター席とテーブル席があり、常連さんが何組か利用されていました。時を忘れて長居するには心地よい空間なのでしょうか。店内のBGMは、ローリングストーンズなどのオールドロック、ブルースがかかっていました。

夜の方が、より時がゆっくりと進んでいるように感じ、お店の雰囲気とマッチしているような気がしました。

「珈琲亭 七つ森」は、メニューも充実しています。ルーから手作りで大根が入った人気の野菜カレー(1,185円)や、独自に開発したオムごはん(1,085円)などのご飯ものから、ちょっと大きめのカスタードプリン(625円)、ババロア(625円)などデザートも豊富です。

ドリンクやデザートは、季節に合わせたメニューになっています。また違う季節に来てみようかなと楽しみになるので、リピーターが多いのも頷けました。

「珈琲亭 七つ森」のババロアとカルピスフロート

ババロア セット 945円

なかなかお目にかかれないババロアは、昔懐かしい感じがして頼んでみました。

小学校時代、故郷でおばちゃんが作ってくれた思い出があり、食べ過ぎてしまうほど好きだったのを覚えています。

「珈琲亭 七つ森」のババロアは、中に梨が入っていて、生クリームともよく合いました。

あの頃のババロアの味とは少し違うけれど、ノスタルジーに浸れました。

カルピスフロート 685円

カルピスフロートは、手作りのカルピスアイスをカルピスソーダにトッピングしたもの。

一気に夏を感じれる飲み物で、これもどこか十代の頃の夏に、母が作ってくれたカルピスを思い出しました。

【高円寺喫茶店】昭和へタイムスリップ、ノスタルジーに浸れる「七つ森」

いかがでしたでしょうか。

今回は、新宿からJR中央線で一本で行ける高円寺にある喫茶店「珈琲亭 七つ森」をご紹介しました。

全体的に少し値段が高めな設定になっていますが、少年時代の思い出や故郷を思い出すようなメニューになっています。

また、どのメニューも5円玉がお釣りで出るように価格設定されていて、“ご縁があるように”と赤いリボンがついた5円玉がもらえるそうです。

宮沢賢治ワールドや昭和レトロを感じ、ノスタルジーに浸れる高円寺の喫茶店「珈琲亭 七つ森」、ぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名珈琲亭 七つ森
住所〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-20-20
最寄駅地下鉄 丸ノ内線 新高円寺駅から徒歩4分
JR中央線 高円寺駅から徒歩9分
営業時間【平日】11:30〜14:30 / 17:30〜23:30
【土日祝】11:00〜14:00 / 17:00〜23:30
定休日無し
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数 30席
食べログ点数3.59

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。このBlog【Daily Shinjuku】がスタートして、はや4ヶ月が経過しました。2/16に1記事目を初投稿をしてから、ようやくと言いますかなんとか100記事[…]

Translate »