リアルな新宿ライフと新宿最新ニュースを発信する新宿地域メディアサイト

【新宿、四谷など都内5店舗を同時オープン】食パンをコンセプトにした次世代食パン屋、白食ぱん『花水木』が7月10日ニューオープン!

次世代食パンを展開する白食ぱん『花水木』が7月10日(日)、新宿や四谷など都内5店舗を同時オープン。詳細をご紹介します。

目次

白食ぱんの可能性を追求する『花水木』

白食ぱん『花水木』は、日本の食文化としての「食ぱん」を、世界の食文化として国内外に発信するためにオープンする次世代食パン屋さん。

若手書家アーティスト早矢加氏

ブランドのロゴは、東京下町在住の若手書家アーティスト早矢加氏が手がけています。

商品の白食ぱんは、耳は限りなく薄く、中はしっとりとした仕上がり。販売価格は、レギュラー450円 / ミニ150円。

他に、山型食ぱん(レギュラー450円)、ジャム食ぱん(レギュラー1,000円~ / スモール500円~)、おやつクルトン(プレーン200円)などを販売予定です。

白食ぱん『花水木』店舗詳細

■店名:都内5店舗
・新宿店:新宿区西新宿7-7-33【プレオープン】7月5日~9日
・四谷店:新宿区四谷1-3【プレオープン】7月4日~9日 
・笹塚店:渋谷区笹塚2-11-6【プレオープン】7月1日、6日~9日
・武蔵境店:武蔵野市境1-1-7【プレオープン】7月1日~3日、7日~9日
・吉祥寺店:武蔵野市吉祥寺本町1-8-5【プレオープン】7月1日~4日、8日~9日
■オープン日:2022年7月10日(日)~
公式サイトはこちらから

【新宿のパン屋さんに関連する記事】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると幸いです
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる