リアルな新宿ライフと新宿最新ニュースを発信する新宿地域メディアサイト

【小田急百貨店 新宿店本館】マンガ『鉄腕アトム』連載開始70周年!「手塚 治虫 版画展」が6月29日より開催!約60点の版画の展示販売

「小田急百貨店 新宿店本館」の10階美術画廊・アートサロンでは、6月29日(水)より期間限定でマンガ『鉄腕アトム』連載開始70周年「手塚 治虫 版画展」が開催。詳細をご紹介します。

目次

マンガ『鉄腕アトム』が連載開始70周年!約60点の版画が揃う「手塚 治虫 版画展」

手塚治虫氏は1928年生まれの漫画家・アニメ監督。1946年に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』でデビューし、『新寶島』『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブッダ』『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』などの数々の名作を生み出しました。

その代表作の一つである『鉄腕アトム』は、1952年に漫画雑誌「少年」4月号で連載がスタートし、今年で70周年。

「手塚 治虫 版画展」では、『鉄腕アトム』の新作や『リボンの騎士』『ブラック・ジャック』など約60点の版画の展示販売するほか、オリジナルグッズの販売もされます。

マンガ『鉄腕アトム』連載開始70周年「手塚 治虫 版画展」販売される版画(一例)

■【新作版画】「耳のチカラ」37×40cm 110,000円

■「リボンの騎士」45×44cm 165,000円

■「パンジャとレオ」41×38cm 165,000円

■「神の手」41×37cm 165,000円

■「火の鳥(5)」53×54cm 220,000円

■お買い上げプレゼント・・・作品購入でオリジナル缶バッジ(非売品)がプレゼント

マンガ『鉄腕アトム』連載開始70周年「手塚 治虫 版画展」概要

■名称:マンガ『鉄腕アトム』連載開始70周年「手塚 治虫 版画展」
■開催期間:2022年6月29日(水)~7月5日(火)
■開催時間:10:00~20:00 ※7月1日~3日は20:30まで、最終日は16:30まで
■開催場所:小田急百貨店新宿店本館 10階美術画廊・アートサロン
■著作権:ⒸTEZUKA PRODUCTIONS
■住所:新宿区西新宿1-1-3
■アクセス:新宿駅西口すぐ
公式サイトはこちら

【新宿のアニメに関連した記事】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると幸いです
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる