【神楽坂で焼き鳥】9月ニューオープンの『やきとり やきとん みずたん』で国産焼き鳥と焼き豚を堪能

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿区神楽坂地域の第9弾、2021年9月16日にオープンしたばかりの『やきとり やきとん みずたん』に伺ってきましたのでご紹介します。

関連記事

2020年の今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、飲みに行く機会がめっきり減った人も多いのではないでしょうか。このコロナ禍の中、今年最後の締めくくりとして安心安全に忘年会を開きたいと思っている方も少なくないかと思います。[…]

神楽坂に新オープンした焼き鳥屋『やきとり やきとん みずたん』

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

『やきとり やきとん みずたん』は、地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅から徒歩約3分の大久保通り沿いにオープンした居酒屋。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

焼き鳥や焼き豚をメインに自家製煮込みや出汁巻玉子などの居酒屋メニューを取り揃えています。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

神楽坂周辺のお店は、一見さんには入りにくいお店が多くありますが、『やきとり やきとん みずたん』では店内の様子が外から伺える状態なので、入りやすそうな雰囲気が感じられました。

『やきとり やきとん みずたん』の店内

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

『やきとり やきとん みずたん』の店内は、古民家をリノベーションしており、昔ながらの雰囲気にDIY感をプラスした今風なおしゃれな空間。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

2階建ての1階はカウンター席のみを用意。2階にはテーブル席があり、伺った時は2階席が貸し切りとなっているようでした。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』
初めて伺ったのは平日の夜でしたが、1階も2階もお客さんで賑わっています。
近所に住んでいるであろう男性が一人で飲んでいたり、同僚の女性たちやカップルなど年齢層さまざまな客層が見られました。

『やきとり やきとん みずたん』の焼き鳥

『やきとり やきとん みずたん』のメニューがこちらです。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

『やきとり やきとん みずたん』メニュー(一部抜粋)
・焼き鳥(ねぎま、ぼんじり、かわ、砂肝、ねっく、つくね、味つきうずら) 210円(税抜)
・焼き豚(たん、はつ、がつ、なんこつ、しろ、ればー、てっぽう、ちれ、きくあぶら、あぶら)170円(税抜)
・野菜串(しいたけ、ししとう、銀杏、いかだ) 180円(税抜)
・自家製モツ煮込み 650円(税抜)
・桜姫の唐揚げ 700円(税抜)
・出汁巻玉子 600円(税抜)
・ガツ刺し 600円(税抜)
・なんこつ刺し 600円(税抜)
・定番ポテトフライ 400円(税抜)
・ポテトサラダ 600円(税抜)
・もろきゅう 450円(税抜)
・おにぎり 2個(鮭、明太子)460円(税抜)
・お新香の盛り合わせ 500円(税抜)
神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』
色んな客層やシーンに合わせお酒のメニューも豊富で、焼酎や日本酒、ワインも数種類取り揃えてありました。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』
お通し

初めに出されたお通しは、調理法(茹でたり焼いたり揚げたり)がそれぞれ異なるイカゲソや鶏肉、大根、海老、さつまいもが入っていて、素材の味が活きたお通しになっています。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』
お通しと生ビール

これから食べる焼き鳥の邪魔をしない程度のさじ加減や塩加減が絶妙で、久しぶりに外で飲む生ビールと相まって格別でした。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』ポテトサラダ
ポテトサラダ 600円(税抜)

ポテトサラダは、ソースがかかっていたり、チーズスティックが乗っていたりと、オシャレさを加えたひと味変わった一品。

一つ一つの具材が大きく、じゃがいものホクホク感もありました。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』ガツ刺し
ガツ刺し 600円(税抜)

数量限定ということで頼んでみたガツ刺し。

ごま油が効いていてコリコリとした食感がクセになる味わいで、お酒のつまみにはもってこいのメニューです。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』焼き豚 ればー
焼き豚 ればー 170円(税抜)

焼き鳥や焼き豚は、盛り合わせなどのメニューはなく、1本からの注文。

塩orタレのチョイスは基本的にお店が決めてくれるそうですが、希望があれば変更も可能とのことでした。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』ねぎま、砂肝
焼き鳥 ねぎま、砂肝 各210円(税抜)

国産肉を使っているということで、ねぎま(塩)や砂肝(塩)などシンプルに鶏肉の脂の甘みが感じられて美味しかったです。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』焼き鳥 かわ
焼き鳥 かわ 210円(税抜

1階のカウンター席近くに焼き場があるため、焼き上がりを1本ずつ提供してくれるのは、嬉しいなと思いました。

焼き鳥のかわ(タレ)は、カリッとし過ぎず、適度に脂の柔らかさや甘みを感じる事ができます。

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』焼き鳥 ぼんじり
焼き鳥 ぼんじり 210円(税抜)
神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』焼き鳥 つくね、あぶら
焼き鳥 つくね 210円(税抜)、焼き豚 あぶら 170円(税抜)

焼き鳥のつくね(タレ)は、ふわふわとした柔らかめの食感。

珍しい部位の焼き豚のあぶら(タレ)は、ホルモンのようで脂とタレの甘みの調和が美味しかったです。

【神楽坂で焼き鳥】9月ニューオープンの『やきとり やきとん みずたん』で国産焼き鳥と焼き豚を堪能

神楽坂の焼き鳥『やきとり やきとん みずたん』

いかがでしたでしょうか。

今回は、神楽坂にオープンしたばかりの『やきとり やきとん みずたん』をご紹介しました。

神楽坂周辺ということで、少し高めな価格設定になっていますが、一人でもふらっと立ち寄れる雰囲気がありました。

2階席の方がゆったりと過ごせて、しっぽりと飲みたい方にはオススメです。

気になる方は、ぜひ一度行ってみて下さい。

それではまた。

店舗名やきとり やきとん みずたん
住所〒162-0833 東京都新宿区箪笥町31-1
最寄駅牛込神楽坂駅から徒歩約3分、237m
営業時間16:00〜22:00
定休日日曜日
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×(喫煙スペースあり)
備考46席、カード可、電子マネー可
食べログ点数

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »