【世界60カ国から支援】レーザー投影式キーボード『Serafim Keybo』が5月31日より販売開始

  • 2020年6月6日
  • 2020年6月6日
  • NEWS

新宿区に本社を構える株式会社KALEIDOSCOPE KNOWLEDGEは、Serafim社の日本販売総代理店として、レーザー投影式キーボード『Serafim Keybo』を5月31日(日)に販売開始。詳細をご紹介します。

レーザー投影式キーボード『Serafim Keybo』

『Serafim Keybo』は、平らな面にレーザーで仮想的なパソコンのキーボードを映し出す箱型レーザー投影式キーボードです。

アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、世界60カ国2000人以上の方から支援され、目標金額の460%となる2600万円を調達。中国の「Design Intelligence Award」やファーウェイ・テクノロジーズ主催イベントで「Computex 2016 BCAward」を受賞した他、香港の世界的展示会で「Analyst’s Choice」も獲得しています。

スマートフォンやタブレットなど本体とBluetooth接続することで、デバイスのキーボードとしてタイピング操作が可能になります。

『Serafim Keybo』商品概要

■商品名:『Serafim Keybo』
■特徴:
日本語キーボード対応、モバイルバッテリーとして給電可能、楽器演奏(ピアノ、ギター、ドラム、ベース)、ゲーム、スマホスタンド付き
■サイズ:79x53x42mm
■重量:120g
■対応OS(タイピング):iOS/Android/Mac/Windows/Linux
■対応OS(楽器演奏):iOS/Android
■接続方法:Bluetooth
■バッテリー容量:2000mAh
■連続稼働時間:Max10時間
■内容物:Serafim Keybo本体/USBケーブル/日本語説明書
■保証:条件付きで無償の1年保証付き
■発売日: 2020年5月31日(日)
■価格:13,900円(税込)
■購入方法:オンラインストア(K-ONE.STORE / Yahoo shoping / Amazon /RAKUTEN)

>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »