【保護猫の命を守り抜くため】新宿「保護猫施設CatLink」が継続のためのクラウドファンディングを実施中

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって緊急事態宣言が発令され、閉店を余儀なくされるお店が増えています。

そんな中、当サイトでは新宿区にある飲食店やライブハウス・劇場などクラウドファンディングで資金を募る店舗を前回まとめてご紹介しました。

今回は、引き続きクラウドファンディングで資金を募っている保護猫施設をご紹介します。

関連記事

新型コロナウイルス感染拡大による影響で緊急事態宣言が発令され、飲食店やライブハウス・劇場などは休業を余儀なくされました。5月4日(月)には、緊急事態宣言の延長が決まり、閉店を決断するお店が増えています。テイクアウトやクラウドファ[…]

「保護猫施設CatLink」のクラウドファンディング

 

「保護猫施設CatLink」は、約13年前からたった3人で保護活動している保護チーム。施設には常に約50匹ほどの猫を保護しており、これまで約500匹ほどの猫を里親へと譲渡してきました。

3月25日の小池都知事による会見以降、猫の譲渡会開催はストップし、再開の目処は立っていない状況。

今現在は最小限の人数を施設に招いて猫ちゃん達とのお見合いを続けています。

保護猫の命を守り抜くため、保護猫施設の継続のためのクラウドファンディングを実施中です。

「保護猫施設CatLink」

■プロジェクト名:保護猫施設の継続にお力お貸しください!
■実現したいこと:保護猫施設の継続運営、医療、施設環境の充実
■目標金額:3,600,000円
■現在の支援金額(5/17現在):818,600円(達成率22%)
■募集終了まで:あと26日(5/17現在)
■リターン内容
①500円(保護猫施設の猫達のポストカード、お礼の手紙

②500円(保護猫の写真付きお礼メッセージ、メールのお返し

③5,000円(
猫のイラスト入りコットンバック、ポストカード5枚)

■支援する方はこちらから:CAMPFIREプロジェクトページ

Daily Shinjuku 公式Twitterアカウント
>新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

新宿地域メディア「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報とあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »