【創業100年の味を堪能】大正3年創業「らーめん直久 新宿西口店」

皆さんこんにちは、新宿地域ブログ『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。

今回は、新宿西口にある“うまい・早い・安い”がモットーのラーメン屋「らーめん直久 新宿西口店」をご紹介します。

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

大正3年創業の「らーめん直久 新宿西口店」

「らーめん直久 新宿西口店」は、新宿駅西口から徒歩2分のエルタワービル地下2階にお店を構えます。

このフロアには前にご紹介した「カフェ 英國屋」も軒を連ねています。

「らーめん直久」
創業は大正3年。創業当時のなつかしい「支那そば」味を守り続ける「らーめん 直久」。
醤油味の正統派スープは、名古屋コーチンの“親鶏”スープにこだわり、こころ和むなつかしい味わい。独特のコクとさっぱりした後口、しこしこした麺の食感に、思わず次の一杯が恋しくなる。そんな伝統の一杯を、創業者・直久の教えを守り、お手頃な価格でご提供しています。
(公式サイトより引用)

ピークを過ぎた平日のお昼13時過ぎころに初めて伺ってみました。

「らーめん直久 新宿西口店の店内

「らーめん直久 新宿西口店」の店内は、テーブル席が54席と広めな印象。

客層はほぼ男性で、サラリーマンや学生さんで混雑していました。

よく見かける街中華料理屋といった内装ですが、店内の一角に置かれたボトルキープの数に驚きます。

焼酎のボトルキープがずらりと並んでおり、ラーメンが食べれる居酒屋さんとしてサラリーマンに利用されている様でした。

メニューを見て納得。枝豆(320円)から冷やしトマト(320円)や冷奴(340円)と安価なおつまみが充実していました。

「らーめん直久 新宿西口店」のセットメニュー

ラーメンも種類が豊富で、ミニサイズのご飯もの(炒飯 ・そぼろ親子丼)があるのも嬉しいですね。

そして、今回頼んだメニューがこちらです。

純鶏らーめん+ミニ炒飯セット 900円

餃子3個が付く純鶏らーめん+ミニ炒飯セットを注文。

餃子は、もちっとした皮と野菜の甘みがある餡で、非常に美味しかったです。餃子のテイクアウトも可能で、頼んで間違いがないお店自慢の一品でした。

ミニ炒飯は、味が濃過ぎないしっとり系の仕上がり。

個人的には好きな味付けで、通常サイズの単品で頼みたくなる炒飯でした。

純鶏らーめんは、時たまに無性に食べたくなるタイプの元祖醤油ラーメンです。さすが名古屋コーチンを使っているだけあって、鶏の出汁が存分に味わえます。

お昼時はもちろん、お酒を飲んだあとの締めのラーメンにもぴったりな味わいで非常に美味しかったです。

炒飯同様、こちらも個人的にとてもおすすめなほっこりとする一杯でした。

濃厚担々麺 880円

濃厚担々麺は、山椒が良く効いたスープの担々麺です。辛さと言うよりは痺れが強かったです。

純鶏らーめんと同じツルッとした麺との相性が抜群に良く、あっという間に完食。こちらも純鶏らーめんに負けず劣らずの美味さでした。

【創業100年の味を堪能】大正3年創業「らーめん直久 新宿西口店」

いかがでしたでしょうか。

今回は、新宿西口にある大正3年創業のラーメン屋「らーめん直久 新宿西口店」をご紹介しました。

創業100年の旨さと深みを十分に楽しめるラーメン屋さんで、夜に飲み屋さんとして再訪したいなと思うほどの美味しさでした。

駅からも近いので、気になる方はぜひ、行ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

店舗名らーめん直久 新宿西口店
住所〒160-0023  東京都新宿区西新宿1-6 エルタワービル B2F
最寄駅新宿駅西口から徒歩2分、219m
営業時間【月〜金】11:00〜22:30
【土】11:00~22:00
【日祝】11:00~21:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考席数54席、カード不可
食べログ点数3.06

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

関連記事

皆さんこんにちは、新宿地域ブログを運営しているGOKです。日中はまだ残暑が厳しいこの頃ですが、10月に入って秋が深まり、冬の気配が漂ってまいりました。個人的に金木犀の香りが好きなので、この季節が好きです。今回はこれからやって[…]

>新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

新宿地域ブログ「Daily Shinjuku」

掲載情報は執筆時の情報となります。参考にする際には、最新情報もあわせてご確認ください。
当サイトに掲載している記事や写真の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は『Daily Shinjuku』、または情報提供者に帰属します。

CTR IMG
Translate »