【ブルーボトルコーヒー1号店】リニューアルした「清澄白河フラッグシップカフェ」

皆さんこんにちは、GOKです。

今回は、以前あまりの行列で断念した「ブルーボトルコーヒー 清澄白川フラッグシップカフェ」へリベンジしに行って参りましたので、ご紹介します。

関連記事

皆さんこんにちは、GOKです。今回は、東新宿駅から地下鉄 大江戸線に乗り、清澄白河駅へと足を運びました。その目的は10/4にリニューアルした「ブルーボトルコーヒー 清澄白川フラッグシップカフェ」。昼頃に伺ったためか、[…]

『清澄白河ロースタリー&カフェ』から『清澄白川フラッグシップカフェ

<10月4日(金)清澄白河フラッグシップカフェ リニューアルオープン>

スペシャルティコーヒーを日本にカルチャーとして根付かせたい。」2015 年の日本上陸以来 4 年半、ブルーボトルコーヒーはその想いを胸に、こだわり抜いたコーヒーを一杯一杯丁寧に抽出し、その体験をさらに高めるカフェデザインとホスピタリティを通して、数多くのゲストに心に残る美味しさをお届けしてきました。

スペシャルティコーヒーは「サードウェーブコーヒー」と呼ばれ大きなトレンドとなり、現在16店舗へと拡大したブルーボトルコーヒーは、来年 2月に日本上陸 5 年を迎えます。ここから私たちが目指すのは、「トレンドからカルチャーへ」。スペシャルティコーヒーをもっと身近に感じてもらうための第一歩として、日本一号店であり日本国内のカフェで提供される豆の焙煎を行う生産拠点としての役割を果たしてきた清澄白河ロースタリー&カフェを、誰もが特別な一杯と出会い・楽しみ・深く知ることができる、スペシャルティコーヒー体験をより身近に感じる場として、新たにリニューアルします。
公式サイトより引用

2015年にブルーボトルコーヒーの1号店として『清澄白河ロースタリー&カフェ』がオープン。他の店舗では、新宿店や中目黒店は行ったことがあり知っていましたが、池袋や銀座、六本木などにも展開されています。京都や神戸など含めて16店舗。

そして、『清澄白河ロースタリー&カフェ』から『清澄白河フラッグシップカフェ』へと名前が変わり10/4にリニューアルオープンしました。

“フラッグシップ”は、“指令を出す旗艦”や“主力商品”という意味もあるので、まさに16店舗の先頭を切って走るブルーボトルの本店というような意味合いのように感じます。

「清澄白川フラッグシップカフェ」の店内

グレーと白を基調とした店内は、天井が広いワンフロアで、どこか工場内に入ったかのような感覚がありました。室内がコンクリートの為か、声が反響して少しガヤガヤとした印象を受けます。

新宿店では見られないような、珍しい素材のタンブラーなどオリジナルグッズも多数販売されていました。

広さのわりには席数は47席。席と席との間がゆったりめな感覚で設けられています。

「清澄白川フラッグシップカフェ」のメニュー

今回、「清澄白川フラッグシップカフェ」で頼んだメニューがこちらです。

カフェラテ Single Origin 620円

カフェラテは、ブルンジ(カヤンザ・ムパンガ)のSingle Originを使った一杯。名前だけ聞いても“?”マークですが、メニューに〈プラム・グレープフルーツ・キャラメル〉と味を想像できる説明がしっかりとされています。

また、店員さんが丁寧に教えてくれるので、コーヒーの勉強にもなりそうです。

ドリップシングルオリジン 550円

ドリップシングルオリジンは、ウガンダ(マウントエルゴン・シピフォールズ)をチョイス。メニューには、〈ダークチョコレート、トーストされたマシュマロ、レーズン〉と書かれていました。

酸味が少ない軽めの口あたりで、ダークチョコレートの風味をしっかり感じれました。冷めても酸味が少なく最後まで美味しい一杯でした。

スコーンwithリコッタチーズ、ジャム 600円

今の時期はルバーヴのジャムということで即決で注文したのが、このスコーン。

スコーンはそのままで食べても十分美味しいのですが、リコッタチーズとルバーヴジャムとスコーンの組み合わせが素晴らしく美味しかったです。

ローステッドココナッツパウンドケーキ 400円

ローステッドココナッツパウンドケーキは、口に入れた瞬間にココナッツの香りが広がります。

卵・乳製品不使用ですが、素材の甘みが美味しく、言うまでもなくコーヒーやカフェラテに合いました。

【ブルーボトルコーヒー1号店】リニューアルした「清澄白河フラッグシップカフェ」

いかがでしたでしょうか。

今回は、10/4に『清澄白河ロースタリー&カフェ』から『清澄白河フラッグシップカフェ』へとリニューアルオープンした清澄白河にあるブルーボトルコーヒーをご紹介しました。

コーヒーのカップや、デザートの器がコンクリートのような素材で、店内の雰囲気とも合っていて良かったです。この素材のカップやお皿も店内で購入が可能でした。

初め入ったときはガヤガヤしてるなと感じましたが、席についてみればさほど気になりませんでした。トイレが2つあるのも便利ですし、PC作業している方がいたりと、全体的に居心地良いカフェだと思います。

週末の午前中は常に満席の状態でしたが、午前中でも早めの時間帯であれば並ばずに入店できそうです。

気になる方はぜひ行ってみてください。

それではまた。

店舗名ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップカフェ(公式サイト
住所〒135-0023 東京都江東区平野1-4-8
最寄駅地下鉄 都営大江戸線 清澄白河駅から584m 徒歩10分
JR新宿駅 東口 徒歩6分
営業時間 8:00〜19:00
定休日無し
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ×
備考カード可、席数47席
食べログ点数3.44

【a】Uber Eats  フード デリバリー注文

関連記事

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。このBlog【Daily Shinjuku】がスタートして、はや4ヶ月が経過しました。2/16に1記事目を初投稿をしてから、ようやくと言いますかなんとか100記事[…]

関連記事

皆さんこんにちは、GOKです。先月の10月後半から自分自身がフリーランスとなったことで、平日の朝早くからPC作業できるカフェを日々探しております。また、PC作業だけに関わらず美味しいモーニングを食べれる場所が新宿界隈には多く見られる[…]

 

Translate »