【ほっこり接客】縁起の良い韓国料理「妻家房 四谷本店」

皆さんこんにちは、GOK(@dailyshinjuku)です。

今回は、新宿のお隣、四谷にある韓国料理屋「妻家房」へ行ってきましたので、ご紹介します。

四谷方面へは地下鉄丸ノ内線で一本で行けますが、私はいつも歩いていきます。四谷三丁目だと約15分ほどです。

今回紹介する韓国料理屋「妻家房」は、地下鉄丸ノ内線の四谷三丁目駅の近く、徒歩1分のところにあります。

「妻家房」は、韓国での一番大切なセレモニー

四谷には、韓国文化を日本に伝える「駐日韓国文化院」など在日韓国人が多く集まる土地でもあります。

その地域でお店を構える「妻家房」は、1985年に来日した柳 香姫(ユウ ヒャンヒ)さんが韓国家庭料理の味を広めるために開いたお店で、四谷が本店になります。他に、池袋店・有楽町店など東京の支店は9店舗、神奈川、茨城、大阪にも展開しています。

”妻家房”の名前の由来は、テーブルに敷かれた紙のランチョンマットにこう書かれていました。

”嫁ぐことが決まった花嫁の家に花婿が訪ねてくることが一番大切なセレモニーとされています。
その日は最高の材料とその家に伝わる秘伝の味を披露し、花婿を歓待して大切に育てた娘へ愛情を伝え、
心暖かい扱いと健康を祈願します”

私自身が挨拶に行った時のことを思い出し、なんだかほっこりしました。

「妻家房 四谷本店」のオススメメニューはパチヂミ

「妻家房 四谷本店」は1階に韓国食品の販売と、キムチ博物館を併設しています。そして2階と3階がレストランになっています。

月曜の夜9時くらいに伺った時は、3組ほどしかお客さんはおらず、その内訳はサラリーマン集団と、女性お一人様が2組という感じでした。

夜遅いこともあり、今回軽めに頼んだメニューがこちらです。

ナムルの盛り合わせは、もやしやほうれん草は常備材に良く作って食べたりしますが、ゼンマイのナムルが久々で美味しかったです。

パチヂミは、イカなどの海鮮の具が大きめに入っていて、噛むごとに食感も楽しくタレと合っていました。

初めて食べたタッカンジョンは、豚バラを丸めたようなものを衣と混ぜて揚げたような感じで、衣の割合が多く感じました。はちみつのような甘さと後に残る辛さのタレが、衣と絡んで美味しかったのですが、肉肉しい感じは薄かったです。

最後にさっぱりしたものを食べたくて注文した水冷麺は、食べ始めてみると段々と辛さが欲しくなるお味で、トッピングで辛味を足すことができたら良いなと思いました。

【ほっこり接客】縁起の良い韓国料理「妻家房 四谷本店」

いかがでしたでしょうか。

今回は、四谷にある「妻家房 四谷本店」をご紹介しました。

お店に入る前もお会計するときも、店長さんが気さくに話かけてくれてどこかアットホームな感じがしてほっこりとしました。他に食べてみたいメニューもたくさんあり、ランチもオススメされたので、ぜひ今度は昼時に伺おうと思います。

四谷で韓国料理食べる際はほっこりとする「妻家房 四谷本店」いかがでしょうか。

それではまた。

店舗名妻家房 四谷本店
住所〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10-25 永明ビル
最寄駅地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩1分
営業時間11:30〜23:00
定休日なし
コンセント×
Wi-Fi×
タバコ
備考席数120席
食べログ点数3.11

Translate »